人事・労務の課題を解決するメディア労務SEARCH byオフィスステーション

Facebook twitter
無料メールマガジン登録受付中!

特別休暇とは?従業員への効果や種類、法定休暇との違いから導入方法を徹底解説!

更新日:

人事労務管理

企業は雇用した従業員に対し、勤務日に応じた年次有給休暇を付与することが労働基準法で義務付けられています。ただし、年次有給休暇はあくまで法律上最低限必要な休暇のため、独自に特別休暇を定めている企業も少なくありません。この記事では、特別休暇の基礎知識や導入方法などについて解説します。

特別休暇とは?

特別休暇とは

特別休暇とは、就業規則や労働協約の定めによって、休暇目的や取得形態取得要件、有給か無給かを含め、会社が任意で設定できる法定外休暇です。法律で付与されることが義務付けられている法定休暇と異なり、特別休暇は法律の定めがないため、福利厚生の一環として企業では導入されています。
労働者への弔意や祝意、心情や状況に配慮した「慶弔休暇」が代表的な特別休暇であり、最近では「特に配慮を必要とする労働者※に対する休暇制度」として労働者の状況や目的に応じた制度としての認識が広まっています。

※「特に配慮を必要とする労働者」とは、厚生労働省で以下のように例示しています。

  • 特に健康の保持に努める必要があると認められる労働者
  • 子の養育または家族の介護を行う労働者
  • 妊娠中および出産後の女性労働者
  • 公民権の行使またはは公の職務の執行をする労働者
  • 単身赴任者
  • 自発的な職業能力開発を図る労働者
  • 地域活動等を行う労働者

厚生労働省が実施した平成25年のアンケート調査によると、1,792社のうち特別休暇を導入している企業は56.8%で、100人以上の規模になると6割以上の企業が何らかの休暇制度を導入しています。

平成25年度 特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度に関する意識調査
平成25年度 特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度に関する意識調査

【引用】平成25年度 特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度に関する意識調査┃厚生労働省

法律で定められる休暇・休業 との違い

法律で定められる休暇・休業は、労働関係法の所定の要件を満たすことで労働者に与えられる休暇・休業で、年次有給休暇はその一つであり、法律で定められている労働者の権利です。従業員から請求や申請があった場合、取得させなければなりません。法定休暇には6種類あり、労働基準法と育児介護休業法で以下のように定められています。

労働基準法 産前産後休業/年次有給休暇/生理休暇
育児介護休業法 介護休暇/育児休業/子の看護休暇

一方、特別休暇は企業が独自に従業員への優遇措置として付与している休暇で、法律の定めはありません。先述の慶弔休暇のほか、法定繰越期間を超えた年次有給休暇などがあり、労働基準法の定めを上回る年休日数を設けている場合には、法定年休日数を超えた部分が法定外休暇にあたります。法的な縛りがないため、企業独自で制定が可能であり、従業員の個々の事情に応じて休暇の種類や日数、取得条件、休暇中の給与の有無などを自由に決定できます。

特別な休暇制度とは|働き方・休み方改善ポータルサイト

【引用】特別な休暇制度とは|働き方・休み方改善ポータルサイト

特別休暇の効果

特別休暇を導入することにより、以下の効果が期待できます。

  • 生産性向上
  • 定着率の改善
  • 従業員のスキルアップ
  • 企業イメージの向上

生産性向上

特別休暇は従業員のモチベーションアップにつながり、結果的に生産性の向上が期待できます。休日や休暇には労働による疲労をリフレッシュする効果があり貢献意欲の向上にも繋がります。

定着率の改善

特別休暇は従業員のストレス解消や気分転換によるワークライフバランスを整える効果があります。家庭生活やプライベートの充実は離職率低下につながり、定着率の改善が期待できます。離職率の低い企業は求職者からのイメージも良く、優秀な人材を確保しやすくなります。特に新卒を含む若い世代の求職者の特別休暇をはじめとする福利厚生への注目が集まっています。

従業員のスキルアップ

自己啓発や資格取得が目的の特別休暇であれば、従業員の成長やスキルアップにつながります。また休暇を取得する労働者本人だけでなく、周囲の労働者への刺激にもなります。特に、会社の業務に関連するスキルアップの場合、習得した知識や能力を会社の仕事を通じて実践することで、長期的な勤務と貢献意欲の増加が期待できます。成長意欲が高い人材は、会社の大きな財産となります。

企業イメージ向上

特別休暇は企業の個性や健全な労働環境を社内外にアピールできるとともに、企業イメージの向上につながります。従業員への配慮としての特別休暇は、対内へは「会社への帰属意識の向上」「貢献意識の向上」、対外へは「働きやすさ」「長期雇用への期待」が見込めます。
たとえば、育児にかかわる制度は、働く母親にとって非常にありがたい制度です。その感謝の気持ちが、会社への貢献意欲の向上や周囲への感謝、良好なコミュニケーションにつながることから、休業の目的達成以外に波及効果が生まれることも考えられます。

特別な休暇制度とは|働き方・休み方改善ポータルサイト

【引用】働き方・休み方改善ポータルサイト 2018年度版特別な休暇制度事例集┃厚生労働省

従業員のモチベーションアップを図るため、独自の特別休暇を設けている企業もあります。
失恋休暇やアニバーサリー休暇、バースデー休暇といった独特な特別休暇は、従業員のプライベートにも配慮した福利厚生制度といえます。

有給、無給の判断について

特別休暇は法律で定められていない法定外休暇のため、有給・無給の判断は企業ごとに託されます。冠婚葬祭の休暇にあたる慶弔休暇の場合、有給に設定する企業が多いといえます。訃報による帰省のための休暇申請や親族の挙式のための休暇申請があった場合、従業員の心情を汲み取り、お悔やみやお祝いの気持ちとして有給休暇とすることが多いようです。

特別休暇を導入する場合、新たにルールを定めることになるため、取得条件などを設定し就業規則に記載しなくてはなりません。対象者や取得条件、給与の有無、出勤日に算入するか否かなどを記載します。

特別休暇の条件

特別休暇を定める場合、曖昧な基準をなくし、以下のように対象者や取得日数、取得期限や取得制限などを明確にしなくてはなりません。

対象者 入社何年目以降から取得可能か/アルバイトやパートに適用されるか など
取得条件 どのような場合に取得できるか など
取得期間および単位 何日間取得できるか/連続取得限定か分割取得可能か/翌年度に繰り越せるか など
取得制限 退職予定者は取得できない/結婚の前後○カ月以内 など
取得期限 事案発生から○カ月以内 など

特別休暇の種類

特別休暇は企業ごとにさまざまな種類があり、取得できる条件や日数も異なります。
ここでは代表的な特別休暇をご紹介します。
働き方・休み方改善ポータルサイト 特別な休暇制度とは

【引用】働き方・休み方改善ポータルサイト 特別な休暇制度とは┃厚生労働省

▼特別休暇の種類(例)
特別休暇の種類

特別休暇の導入方法

特別休暇を導入する場合、特別休暇の定義や条件、ルールなどを定め、就業規則に制定し従業員へ周知しなくてはなりません。特別休暇の導入フローは、次のような手順が必要です。
特別休暇の導入方法

特別休暇の目的・内容を決定

特別休暇の導入では、どのような目的で制度を設けるかを明確にしなくてはなりません。有給・無給にかかわらず、休暇期間は従業員の労働義務が免除されるため、特別休暇の導入が従業員にとって良い結果につながっているかを確認しましょう。従業員がどのような休暇を必要としているか調査することで、どのような内容の休暇を導入すべきなのか明確になります。

また、企業側の課題を解決する目的で、休暇の導入を検討することも可能です。従業員のスキルアップを課題としている場合、業務に携わる知識を身につけることを目的とした「教育訓練休暇」の導入を検討します。

就業規則に特別休暇の内容を制定

特別休暇の導入の目的・内容が決まれば、企業は休暇に関する取り決めを就業規則上に規定する義務があるため、対象者や取得日数、取得期限や取得制限など細かい条件を決めて、就業規則に記載しましょう。
※労働者が常時10名以上の会社は就業規則の作成義務があり、就業規則を変更した場合、所轄の労働基準監督署への届出が必要です。

社内周知

どれほど魅力的な特別休暇であっても、対象となる従業員が認識していなければ活用されることもありません。就業規則に制定された特別休暇は、従業員全員に周知されてこそ制度の効果を発揮します。メールや社内報、グループウエアや社内SNSなどを活用して、特別休暇の利用を促進します。周知を怠ると、取得要件に該当する従業員が特別休暇を申請しないまま、条件から外れてしまう事態が発生してしまうので注意しましょう。

ユニークな特別休暇

独自のユニークな特別休暇を取り入れ、社内制度の活性化に力を入れている企業も増えています。ここではユニークな特別休暇を導入している企業事例をご紹介します。

サイボウズ株式会社の育自分休暇制度

退職した後も、チームに戻れる安心感を持ってチャレンジしてもらうことが目的の休暇です。利用希望者は、退職後でも最長6年間の復帰が可能です。「成長して再び会社に戻ってきてほしい」と思う企業の願いも込められた制度です。

【参考】育自分休暇日記──4年目社員アフリカへ。会社を辞めて気付く「常識」のちがい┃サイボウズ株式会社

未来工業株式会社のオセロ休暇制度

土日や祝日に平日が挟まれている場合、休日になるという斬新な休暇制度です。黒で挟まれた白は黒にひっくり返るように、オセロ形式を休暇に取り入れています。休日に挟まれた平日は出勤してもやる気が起きず、かえって効率が悪くなることからこの制度を導入したそうです。

【参考】未来工業株式会社

株式会社パートナーエージェントのプロポーズ休暇制度

従業員がパートナーにプロポーズする日を申請した場合、会社公認でその日が特別休暇として取得できます。ただし、プロポーズ結果を会社に報告しなくてはならず、成功の場合は従業員からお祝いが、失敗してしまった場合は従業員同士で励まし合わなくてはなりません。事業内容が「結婚相談所」というだけあり、「自らの愛情を体現することの大切さ」を企業全体で考えるため、開始されたそうです。

【参考】福利厚生の一環として「プロポーズ休暇」を採用┃株式会社パートナーエージェント

オフィスステーション 有休管理

特別休暇の導入方法
「オフィスステーション 有休管理」は、有休管理をより簡単に、確実に実施できる、働き方改革関連法のためにカスタマイズされた「有休管理システム」です

有休取得数が足りていない従業員の方に、取得督促メールを送信するなど、わかりにくい法改正に対応した有休取得促進機能が搭載されています。
オフィスステーション 有給管理の詳しいご説明資料をダウンロードされたい場合は、以下のフォームに必要事項をご入力ください。

さくらHumanPlus 代表 社会保険労務士|阪口 小百合(ホームページ:https://human-plus.sakura.ne.jp/company1.html

働き方改革を本気で成し遂げるために!

労務SEARCHを運営するオフィスステーションより、無料e-book「働き方改革~経営者が知っておきたいポイント~」お届けします。優秀な人材の獲得や定着が重要な経営課題となっている今、労働者保護と従業員満足度向上を実現するための働き方改革のポイントをご紹介いたします。

e-Govをもっと便利に使うなら。無料で使えるe-Gov電子申請連携ツール「オフィスステーション 労務ライト」。
各種簡単ガイド一覧はこちら