労働基準法で定められた年次有給休暇とは、その日数と付与方法

労働基準法第39条によって「使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間勤続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、勤続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。」と定められております … 続きを読む 労働基準法で定められた年次有給休暇とは、その日数と付与方法