労務SEARCH > 人事労務管理 > 人事労務管理の業務/手続き > GuestCoolとは?料金・機能・評判について徹底解説
GuestCoolとは?料金・機能・評判について徹底解説

GuestCoolとは?料金・機能・評判について徹底解説

この記事をシェアする

受付業務を無人化して、社内全体の業務効率化を図れる受付システム

この記事では、受付システムだけでなく、会議予約システムとしても利用できる「GuestCool」について紹介します。GuestCoolの料金や特長、主な機能について解説していくので、導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること・結論

  • GuestCoolとは
  • GuestCoolの料金
  • GuestCoolの特長・評判
  • GuestCool導入時の注意点
監修者労務SEARCH 編集部

労務・人事・総務管理者の課題を解決するメディア「労務SEARCH(サーチ)」の編集部です。労働保険(労災保険/雇用保険)、社会保険、人事労務管理、マイナンバーなど皆様へ価値ある情報を発信続けてまいります。
詳しいプロフィールはこちら

本コンテンツは労務SEARCHが独自に制作しており、公正・正確・有益な情報発信の提供に努めています。 詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。 もし誤った情報が掲載されている場合は報告フォームよりご連絡ください。

GuestCoolとは

GuestCool
初期費用 要問い合わせ 受付方法 タブレット受付/ICカード受付など
料金 月額410円/人 入館証の
発行・発券
無料
トライアル
通知方法 メール/SMS/内線電話・クラウドPBX/Teamsチャット/音声通知
受付端末 KIOSK(キオスク)端末/タブレット 来訪者の
データ管理
システム連携 詳細 公式サイト

料金はすべて税抜

GuestCoolとは、株式会社エッジプラスが提供する受付システムです。

POINT

GuestCoolの特長は?

受付の自動化に役立つ統合来訪者管理システムであること

設備管理や来訪者への案内、セキュリティ管理など、さまざまな業務をサポートしてくれます。従業員規模や業種などにかかわらず、幅広い企業から利用されている受付システムです。

導入後は受付業務がスマートになるため、各社員が本当に必要な業務へ集中しやすくなります。そのため、受付業務だけでなく、社内全体の業務効率化を図る企業に最適です。

SNS上の口コミを調査したところ、オンライン会議と対面会議のどちらにも役立つ点について注目している方が多く見受けられました。GuestCoolは、zoomやMicrosoft Teamsとの連携に対応しています。

GuestCoolの料金

GuestCoolの料金

次に、GuestCoolの料金について見ていきましょう。

1ユーザーあたりのライセンス料金は月額410円(税抜)

GuestCoolは、1ユーザーあたり月額410円(税抜)で利用できます。

ライセンスの種類 月額料金
ユーザーライセンス 410円/人
会議室ライセンス 1,800円/室

料金はすべて税抜

契約すべきライセンスは、ユーザーライセンスと会議室ライセンスの2種類です。GuestCoolを利用する人数分の月額料金と、登録したい会議室分の月額料金で利用できます。なお、ユーザーライセンスは、10名以上から発行可能です。

連携システムとのオプションプランを提供

GuestCoolは、外部システムとの連携に役立つオプションプランを提供しています。

オプション機能 月額料金
会議室KIOSKライセンス 1,800円/台
チェックインKIOSKライセンス 10,000円/台
セキュリティゲート連携ライセンス 10,000円/台

料金はすべて税抜

受付業務の効率化に役立つKIOSK端末や、セキュリティゲートとの連携に対応しています。KIOSKのハードウェアをセットで購入する場合、特別価格で提供してもらえるところもポイントです。受付業務の効率化を目指す方は、併せて検討してみてください。

GuestCoolの特長

GuestCoolの特長

GuestCoolの特長には、下記の2つが挙げられます。

GuestCoolの特長

  • 受付業務のあらゆる課題を解決できる
  • 受付以外の場面でも活用できる

受付業務のあらゆる課題を解決できる

GuestCoolは、従来の受付業務における、あらゆる課題を解決できます。

GuestCoolで解決できること

来訪者が受付を済ませると、担当者に直接通知が届く仕組みです。そのため、受付スタッフから、担当者につながるまでの時間や工数を削減できます。効率よく来訪者と面会できるようになるため、担当者と来訪者の両方にとってメリットの大きいサービスだといえるでしょう。

受付以外の場面でも活用できる

GuestCoolは、受付以外の場面でも活用できるサービスです。

GuestCoolの活用例

  • ドリンクサービスアプリと連携して会議室から飲み物を注文
  • 来訪者の傾向・社内との関係性を分析
  • 来訪者データからクラスターの発生要因を調査

ドリンクサービスアプリの「Office Drink Supply」と連携すると、会議室からいつでも飲み物を注文できます。会議を中断することなく、スマートにおもてなしできるところは、GuestCoolならではの強みです。

ほかにも、来訪者の傾向や社内との関係性を可視化して分析したり、クラスター発生時に来訪者データから発生要因を調査したりできます。

GuestCoolの機能

GuestCoolの機能

次に、GuestCoolを導入したらどのように受付業務を効率化していけるのか、具体的なイメージができるようにGuestCoolの機能面についてご紹介します。

できること
ユーザー向け機能 ・会議室の予約管理
・優先会議室・優先ユーザーの設定
・社内向け告知掲示板を利用可能
・同席者へ会議出席依頼を送れる
・Outlookカレンダーと連携可能
・Microsoft Teams・zoomと連携可能
・来訪者情報の管理
・来訪者情報のグループ入力
・来訪者情報の一括アップロード・ダウンロード
・メールで来訪通知を受け取れる
・Teamsチャットで来訪通知を受け取れる
・内線電話・クラウドPBXで来訪通知を受け取れる
・SMSで来訪通知を受け取れる
・音声通知で来訪通知を受け取れる
管理者向け機能 ・予約情報を管理できる
・来訪者情報の予測と実績を管理できる
・予約件数の予測と実績を管理できる
・会議室や待ち合わせ場所などの環境設定をおこなえる
・サービス全体のメンテナンスをおこなえる
・受付済みの予約情報を管理できる
その他機能 ・多言語対応
・顔認証による来訪者の同一性確認
・交通系ICカードでの入館手続き
・セミナー・イベント受付
・給茶サービス連携
・災害時対応・来訪者把握
・セキュリティーゲート連携

先述したとおり、一般的な受付システムの機能に加えて、さまざまな場面で活用できる機能が数多くあります。上記で紹介している機能の中には、オプションの追加で利用できるものもあり、自社に最適なプランを自由に作成できます。気になる方はぜひ、公式サイトのお問い合わせフォームから相談してみてください。

GuestCoolの注意点

GuestCoolの注意点

GuestCoolは、来訪通知を担当者が直接受け取れるサービスです。メールやTeamsチャット、SMSなど、さまざまな通知方法で来訪者が到着したことを把握できます。

注意点:ビジネスチャットツールとの連携がやや弱い

受付システムの中には、ChatworkやSlack、LINE WORKSなどとの連携に対応しているものもあります。一方、GuestCoolが連携できるビジネスチャットツールは、Microsoft Teamsのみです。連携できるビジネスチャットツールが限定されてしまうところは、GuestCool唯一のデメリットだといえます。

まとめ

GuestCoolは、受付システムだけでなく、会議室予約システムとしても利用できるサービスです。

ドリンクサービスアプリや、セキュリティゲートなど、連携できる外部システムが豊富にあるところも見逃せません。気になった方はぜひ、公式サイトのお問い合わせフォームから、料金やサービスの詳細などについて連絡してみてください。

労務SEARCH > 人事労務管理 > 人事労務管理の業務/手続き > GuestCoolとは?料金・機能・評判について徹底解説