労務SEARCH > 人事労務管理 > 人事労務管理の業務/手続き > FreeiDとは?料金・機能・評判について徹底解説
FreeiDとは?料金・機能・評判について徹底解説

FreeiDとは?料金・機能・評判について徹底解説

この記事をシェアする

オフィスの受付業務におけるコスト削減に役立つ受付システム

この記事では、顔認証を使って入退室・来客対応をおこなえる「FreeiD」について紹介します。FreeiDの料金や特長、主な機能について解説していくので、導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること・結論

  • FreeiDとは
  • FreeiDの料金
  • FreeiDの特長・評判
  • FreeiD導入時の注意点
監修者労務SEARCH 編集部

労務・人事・総務管理者の課題を解決するメディア「労務SEARCH(サーチ)」の編集部です。労働保険(労災保険/雇用保険)、社会保険、人事労務管理、マイナンバーなど皆様へ価値ある情報を発信続けてまいります。
詳しいプロフィールはこちら

本コンテンツは労務SEARCHが独自に制作しており、公正・正確・有益な情報発信の提供に努めています。 詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。 もし誤った情報が掲載されている場合は報告フォームよりご連絡ください。

FreeiDとは

FreeiD
初期費用 要問い合わせ 受付方法 顔認証受付
料金 要問い合わせ 入館証の
発行・発券
無料
トライアル
通知方法 FreeiDアプリ
受付端末 iPad 来訪者の
データ管理
システム連携 詳細 公式サイト

FreeiDとは、DXYZ(ディクシーズ)株式会社が提供する受付システムです。

POINT

FreeiDの特長は?

入退室・来客対応を顔認証で完結させられること

オフィスへの入退室を、顔認証で完結させられます。今までのように、社員証やカードキー、暗証番号などを使う必要はありません。

また、来客対応も顔認証で完結します。事前にFreeiD経由で来客者へ通知を送信することで、来客当日に顔認証を済ませると、入館および担当者の呼び出しをおこなえる仕組みです。なお、来客が受付を完了した通知は、FreeiDアプリ経由で、担当者のスマホに通知が届きます。

SNS上の口コミを調査したところ、多くの方から注目されていることがわかりました。利便性やセキュリティ面の高さから、今後さまざまなシーンで活用されることに期待できます。

FreeiDの料金

FreeiDの料金

次に、FreeiDの料金について見ていきましょう。

料金は非公開!アプリは無料でインストールできる

FreeiDは、公式サイト上で料金について公開していません。そのため、お問い合わせフォームからサポートへ連絡する必要があります。導入費用や導入にかかる期間など、気になることを相談してみてください。なお、スマホやタブレットにインストールするアプリは、無料でインストールできます。App Store・Google Playにて配信中です。

FreeiDの特長

FreeiDの特長

FreeiDの特長には、下記の3つが挙げられます。

FreeiDの特長

  • 生活のあらゆるシーンで活用できる
  • たった3STEPで簡単に顔認証・ユーザー情報を登録できる
  • 会議室や執務室の施錠管理にも役立つ

生活のあらゆるシーンで活用できる

FreeiDは、生活のあらゆるシーンで活用できるサービスです。

FreeiDの活用シーン

オフィスだけでなく、ホテルやマンションなど、暮らしにかかわる施設でも利用可能です。すでにマンションのエントランスや宅配ボックスに導入されています。鍵の紛失や荷物の取り違いなど、さまざまなリスクを回避できる優れものです。

また、FreeiDは、決済システムとしても利用可能です。スーパーや飲食店など、導入店舗で利用することで、財布やスマホを取り出さずに会計を済ませられます。将来的に導入店舗・サービスが増えれば、スマートなライフスタイルを送れるでしょう。

たった3STEPで簡単に顔認証・ユーザー情報を登録できる

FreeiDは、たった3STEPで簡単に顔認証やユーザー情報を登録できます。

FreeiDの登録手順

スマホで撮影するだけで簡単に顔認証情報を簡単に登録可能。その後、氏名や生年月日、メールアドレスなどのユーザー情報を登録し、利用するサービスを選択するとFreeiDを利用できます。難しい設定はなく、誰でも簡単に利用できるサービスです。そのため、IT製品に苦手意識のある方でも、問題なく利用できます。

会議室や執務室の施錠管理にも役立つ

FreeiDは、会議室や執務室の施錠管理にも役立ちます。

FreeiDの会議室・執務室利用

オフィスの受付だけでなく、施錠が必要なあらゆる場所に設置可能です。今までのように、カードキーや鍵などを受け渡す必要がなくなるため、紛失リスクを回避できます。従業員からしても、使い終わった後に鍵を返却する手間を省けるため、非常に効率的です。

FreeiDの機能

FreeiDの機能

次に、FreeiDを導入したらどのように受付業務を効率化していけるのか、具体的なイメージができるようにFreeiDの機能面についてご紹介します。

できること
オフィス向け機能 ・オフィスの施錠を顔認証に一元化できる
・顔認証でオフィスゲートや会議室などに入退室できる
・来客受付を顔認証システムで自動化できる
・来客予定を登録すると来客者へ通知が届く
・来客者は顔パスで入退館できる
・来客者が受付を済ませると担当者のFreeiDアプリに通知が届く
・顔認証で管理するためなりすましのリスクをゼロにできる
・専用のWEB管理画面で社員の登録・更新・削除が可能
・会議室や執務室などのエリアごとに権限を設定できる
マンション向け機能 ・エントランスや宅配ボックスを顔認証で解錠できる
・鍵の紛失リスクを軽減できる
・荷物の取り違えを防げる
・「One Time」機能で家族や友人などに顔認証で入室してもらえる
・管理会社は専用のWEB画面から入居者の登録・更新・削除が可能
店舗決済向け機能 ・入店時に顔認証をおこない、顔認証で決済で買い物できる
・手ぶらで快適に買い物を楽しめる
・偽造カード・紙幣などで決済されるリスクを防げる

先述したとおり、FreeiDはさまざまな生活シーンで役立つサービスです。導入企業やマンション、店舗などが増えるほど、安全でスマートな社会へと進化していきます。

FreeiDの注意点

FreeiDの注意点

FreeiDは、顔認証でオフィスや会議室などの入退室ができる受付システムです。物理キーが不要になり、鍵や社員証などの紛失やなりすましなどのリスクを回避できます。

注意点:場所によっては顔認証の反応が悪くなってしまう

顔認証を使った受付システムであるため、暗い場所で利用した場合、認証しない可能性があります。そのため、受付端末をカメラで被写体を捉えにくい場所に設置することはおすすめできません。また、夜間に光が届かない場所では利用しにくくなっています。

まとめ

FreeiDは、顔認証で受付対応やオフィスへの入退室を済ませられる、画期的なサービスです。

マンションやホテルなど、オフィス以外の場所でも活用できます。決済システムとしての一面もあるため、今後あらゆるシーンで活躍することに期待できるでしょう。気になった方はぜひ、公式サイトのお問い合わせフォームから、FreeiDの料金や機能などについて相談してみてください。

労務SEARCH > 人事労務管理 > 人事労務管理の業務/手続き > FreeiDとは?料金・機能・評判について徹底解説