労務SEARCH > 人事労務管理 > 人事労務管理の業務/手続き > VisitViewとは?料金・機能・評判について徹底解説
VisitViewとは?料金・機能・評判について徹底解説

VisitViewとは?料金・機能・評判について徹底解説

この記事をシェアする

来訪者の入退館処理を簡略化できるだけでなく、セキュリティ面の向上にもつながる受付システム

この記事では、従業員規模や業種などにかかわらず、幅広い企業から利用されている「VisitView」について紹介します。VisitViewの料金や特長、主な機能について解説していくので、導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること・結論

  • VisitViewとは
  • VisitViewの料金
  • VisitViewの特長・評判
  • VisitView導入時の注意点
監修者労務SEARCH 編集部

労務・人事・総務管理者の課題を解決するメディア「労務SEARCH(サーチ)」の編集部です。労働保険(労災保険/雇用保険)、社会保険、人事労務管理、マイナンバーなど皆様へ価値ある情報を発信続けてまいります。
詳しいプロフィールはこちら

本コンテンツは労務SEARCHが独自に制作しており、公正・正確・有益な情報発信の提供に努めています。 詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。 もし誤った情報が掲載されている場合は報告フォームよりご連絡ください。

VisitViewとは

VisitView
初期費用 要問い合わせ 受付方法 ICカード受付/QRコード(チケット)受付
料金 要問い合わせ 入館証の
発行・発券
無料
トライアル
要問い合わせ 通知方法 メール通知
受付端末 KIOSK(キオスク)端末 来訪者の
データ管理
システム連携 詳細 公式サイト

VisitViewとは、株式会社Knowlbo(ナルボ)が提供する受付システムです。

POINT

VisitViewの特長は?

高度なセキュリティでスムーズな入退館をおこなえること

従業員規模50名から1,000名以上まで、幅広い企業で導入されています。製造業やサービス業、情報通信など、どんなジャンルの企業でも利用できる受付システムです。

ICカード受付とQRコード(チケット)受付の両方に対応しており、専用の端末を設置すれば、受付を無人化できます。もちろん、受付スタッフを配置して、入退館を管理することも可能です。

SNS上の口コミを調査したところ、サービスの利便性に関する内容が目立ちました。VisitViewに対して「便利」や「画期的」など、好印象なイメージをもつ人がたくさんいます。

VisitViewの料金

VisitViewの料金

次に、VisitViewの料金について見ていきましょう。

料金は非公開!見積もり依頼やデモの申し込みなどに対応

VisitViewは、公式サイト上で料金について公開していません。そのため、お問い合わせフォーム、または電話窓口(03-5793-5666)に、見積もりを依頼する必要があります。個別訪問デモの申し込みや、資料請求などにも対応しているため、サービスのより詳しい特長について知りたい方は、ぜひ利用してみてください。

電話窓口の受付時間:10:00〜18:00(土日祝日を除く)

VisitViewの特長

VisitViewの特長

VisitViewの特長には、下記の2つが挙げられます。

VisitViewの特長

  • WEBページで事前に来訪情報を予約して部署内で共有できる
  • セキュリティーゲートとの連携に対応している

WEBページで事前に来訪情報を予約して部署内で共有できる

VisitViewは、WEBページに来訪情報を予約して管理できます。予約した情報は、部署内で共有可能です。

VisitViewの来訪予約

来訪者履歴の管理や同行者の人数指定なども、WEBページ上でおこなえます。来訪予約に必要な機能を、PCからいつでも利用できるところは、VisitViewの大きなメリットです。なお、来訪予約に関しては、登録社員を記入して、別の担当者の来訪予約を登録することもできます。

セキュリティーゲートとの連携に対応している

VisitViewは、セキュリティーゲートとの連携に対応しています。

VisitView、セキュリティゲートとの連携

ICカード、または二次元バーコードチケット対応のセキュリティゲートと連携可能。ICカードや二次元バーコードチケットは、簡単に発行できるため、来訪者の入館がスムーズになります。また、セキュリティーゲートと連携することで、より強固なセキュリティ環境を整えられるところもポイントです。

VisitViewの機能

VisitViewの機能

次に、VisitViewを導入したらどのように受付業務を効率化していけるのか、具体的なイメージができるようにVisitViewの機能面についてご紹介します。

できること
来訪予約Webアプリ ・来訪予約の登録・削除
・担当者と登録者を別々に登録できる
・来訪予約の参照・変更
・来訪予約を部署・所属メンバーで共有できる
・来訪者の一括登録が可能
・来訪者情報を自動で登録
・登録済みの来訪者情報を引用して来訪予約をおこなえる
・来訪予約に案内施設を指定できる
・来訪予約確認をメールでお知らせ
・来訪者の入退館をメールでお知らせ
受付アプリ ・キーワードや属性から来訪者を検索可能
・来訪者と来訪カードの紐付けが可能
・来訪グループの一括入館処理・来訪者別の入館処理に対応
・予約のない来訪者の入館処理をおこなえる
・来訪カードを貸与した来訪者および担当者の履歴を照会できる
・担当者情報の照会が可能
・来訪者の入退館ログのレポートファイルを出力可能
管理Webアプリ ・複数のオフィス(テナント)で排他的にデータを管理できる
・各種マスターデータの管理が可能
・各施設にセキュリティゾーンを設置して案内施設対応のカードを発行可能
・来訪者の入退館ログのレポートファイルを出力可能
・時間別の入館数集計ファイルを出力可能

先述したとおり、上記の機能を利用して、受付業務を効率化できます。セキュリティゲートやKIOSK(キオスク)端末などとの連携にも対応。料金やサービス資料などについて確認したい方は、公式サイトのお問い合わせフォーム、または電話窓口(03-5793-5666)に連絡してみてください。

VisitViewの注意点

VisitViewの注意点

VisitViewは、ICカード受付と QRコード(チケット)受付により、入退館処理をスムーズにおこなえます。来訪者が受付を済ませると、メールで担当者に通知が届くため、スムーズに面会できる仕組みです。

注意点:通知方法の種類が少ない

メールでの通知に対応しているものの、競合他社のサービスより通知方法が少なくなっています。たとえば、SMS通知やビジネスチャット通知などに対応している受付システムもあり、さまざまな通知方法からお好みの方法を選べないところは残念なポイントです。今後のアップデートにより、通知方法が増えることに期待しましょう。

まとめ

VisitViewは、来訪予約や入退館履歴などをWEB上で管理して、受付業務を効率化できるサービスです。

ICカードやQRコード(チケット)で受付を管理すれば、セキュリティ面の向上につながります。セキュリティゲートやKIOSK(キオスク端末)と連携して、受付を無人化するのもいいでしょう。気になった方はぜひ、問い合わせフォーム、または電話窓口から、初期費用・ランニングコストや、サービスのより詳しい情報などについて問い合わせてみてください。

労務SEARCH > 人事労務管理 > 人事労務管理の業務/手続き > VisitViewとは?料金・機能・評判について徹底解説