人事・労務の課題を解決するメディア労務SEARCH byオフィスステーション

Facebook twitter
無料メールマガジン登録受付中!

【専門家監修】BPOは経営戦略の基本!?基本知識や選定方法、労務管理への活用方法を徹底解説!

更新日:

経営・戦略

BPOとは経営資源の観点から戦略的に実施するアウトソーシングのひとつです。
今回は、BPOの基本知識を中心に、その対象業務やメリット、BPO専門業者の選定方法や労務管理への活用方法をご紹介します。

BPOとは

BPOとは、ビジネスプロセスアウトソーシング(Business Process Outsourcing)の略称で、自社に運用ノウハウがない業務や、総務・経理・人事などノンコア業務を外部の専門業者に継続依頼(アウトソーシング)する手法です。
高度な専門領域を提供するBPO専門業者も多く、少子高齢化により社会全体で労働力が不足しているなかで人件費高騰によるコストの削減、人材不足解消、生産性向上を実現できます。

下図のように、企業内の直接業務および間接業務の双方で発生する多くの業務のうち、コア事業以外の一部または全部を外部の専門業者にアウトソーシングします。

平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備 (ビジネス支援サービスの質の認証制度の創設に向けた評価基準の策定等に係る基礎調査) 報告資料│経済産業省

【引用】平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備 (ビジネス支援サービスの質の認証制度の創設に向けた評価基準の策定等に係る基礎調査) 報告資料│経済産業省

シェアードサービスとの違い

シェアードサービスとは、大企業やそのグループ会社において、部門ごとに共通する業務やサービスをシェアードサービスセンターと呼ばれる部門に集約し、業務効率化やコスト削減を図る経営手法です。

シェアードサービス

シェアードサービスは、人事・総務・経理・システムなどの間接部門が対象となる点でBPOと共通しています。相違点は、BPOは間接部門の業務すべてを外部業者に委託するのに対し、シェアードサービスは各部門内の業務をグループ内の一か所に集約し外部業者に委託します。

BPOの対象業務とメリット

BPOサービスはさまざまな業務を委託でき、多くのメリットがあります。ここではBPOの対象業務とメリットをご紹介します。

BPOの対象業務

BPOの対象業務には、事務代行や管理部門などの労務管理を含めて、多くの業務を外部委託できます。総務・システム・経理・人事・マーケティングの各部門の業務も対象となっており、契約更新手続きを例に取ると、データ入力にはじまり内容チェック、書類発送、データ管理、問い合わせ対応といった一連のプロセス全体を委託できます。
業務効率化やセキュリティ確保を含め、すべての業務をBPO業者が対応するため、高い品質での納品も期待できます。

BPOのメリット

企業がBPOを導入することで、貴重な人材を間接業務からコア業務へ集中することが可能となります。競争力の強化をはじめ、以下のメリットが期待できます。

BPOのメリット
業務効率化 BPO業者への業務委託により、短期間で効率的な運営が可能
コスト削減 法定福利厚生費を含めた人件費の削減、機器・備品(紙やコピー機器)の削減、交通費など必要経費の削減
グローバル化への
柔軟な対応
グローバル人事の実現や国際競争力強化を前提とした業務効率化による世界情勢の変化へ柔軟かつ迅速な対応が可能
セキュリティ対策 時間・コストが必要なセキュリティ対策を、高いセキュリティ基準を満たすBPO業者への依頼により早急かつ確実なセキュリティ対策を実現

BPOの専門業者の選定方法

BPOを提供する専門業者は数多くあり、信頼できるBPO業者の選定が重要です。

BPO業者の選定ポイント

BPO事業者ごとに業務範囲や得意分野があり、自社の業務を委託するに最適なBPO業者を選定します。委託したい内容や業務に対応できる会社規模、委託による費用対効果、セキュリティ品質基準や実績、業務における対応範囲を確認します。
共に協力・成長するWin-Winの関係性を構築できるBPO事業者を選ぶことでより効果的な外部委託が可能です。

BPOは労務管理にも最適

BPOは経理や人事などの間接業務をBPO業者に委託をおこなうため、労務管理に効果を発揮します。

部門 業務
総務部門 受付業務、備品管理、文書管理、オフィス移転、レイアウト変更、社用施設の管理
システム部門 社内インフラ、情報システムの整備
経理部門 データの入出力、取引先への請求・支払、予算管理、債権・債務の管理、利益・収益の集計、決算業務
人事部門 給与・賞与計算、社会保険、年末調整、福利厚生、採用活動の代行
マーケティング部門 顧客管理、市場動向の調査、マーケティングオートメーションの導入・運用サポート、すべてのマーケティング業務

そのほかにもコンサルタント、コールセンター、デザイン業務、倉庫業務、人材派遣などもBPO業者への委託対象となります。クラウド型システムを導入するなど専門業者への業務委託が、コア業務に集中した人員配置とスピーディーかつ効果的な企業活動につながります。

まとめ

  • BPOとは、ビジネスプロセスアウトソーシング(Business Process Outsourcing)の略称で、自社に運用ノウハウがない業務や、総務・経理・人事などのバックオフィス業務を外部の専門業者に継続依頼(アウトソーシング)することである
  • BPOサービスの対象業務は幅広く、企業間競争力の強化や業務効率化の観点からメリットが多い
  • BPO事業者ごとに業務範囲や得意分野があり、自社の業務を委託するに最適なBPO業者選定が必要である
  • BPOは経理や人事など間接業務の委託が中心のため、労務管理に効果的である

Growthix Capital 株式会社 取締役 CSO|田坂 伸一(ホームページ:https://growthix.co.jp/

働き方改革を本気で成し遂げるために!

労務SEARCHを運営するオフィスステーションより、無料e-book「働き方改革~経営者が知っておきたいポイント~」お届けします。優秀な人材の獲得や定着が重要な経営課題となっている今、労働者保護と従業員満足度向上を実現するための働き方改革のポイントをご紹介いたします。

e-Govをもっと便利に使うなら。無料で使えるe-Gov電子申請連携ツール「オフィスステーション 労務ライト」。
各種簡単ガイド一覧はこちら