人事・労務の課題を解決するメディア労務SEARCH byオフィスステーション

Facebook twitter

メールマガジン無料登録

 

おすすめ記事やお役立ち資料をお届けします。

住所変更届とは?厚生年金保険被保険者住所変更届の手続きや記入方法、注意点を解説!

更新日:

社会保険社会保険手続き

全国健康保険協会(以下:協会けんぽ)管掌下の厚生年金保険に加入している事業所に常時雇用されている70歳未満の方は、厚生年金の被保険者となります。また、被保険者が住所を変更した場合、事業所は日本年金機構に「厚生年金被保険者住所変更届」を提出しなければなりません。

今回は厚生年金保険被保険者住所変更届の手続き内容や届出の時期、提出書類の種類から国民年金第3号被保険者(被扶養配偶者)がいる場合の手続きまで幅広く解説します。

住所変更届とは

協会けんぽに加入している被保険者が住所を変更した場合、従業員は所属する事業所に住所が変更された旨を届け出なければなりません。また、事業主は所定の「被保険者住所変更届」により、被保険者の届出を受けた後、速やかに協会けんぽに届け出ます。

被保険者住所変更届とは、全2枚からなる書類で、被保険者が加入する区分によって、提出する被保険者住所変更届の内容が異なります。被保険者住所変更届には、被保険者が扶養する国民年金第3号被保険者(被扶養配偶者)の変更後住所を併記する欄があり、扶養家族がいる場合は必要事項を記入します。

マイナンバーの取り扱い

マイナンバーと基礎年金番号が紐づけられている被保険者の場合、住所変更届は原則不要です。そのため、マイナンバーと基礎年金番号と紐づけられていない被保険者や海外居住者、短期在留外国人は住所変更届の提出が必要です。人事異動による海外転勤の場合、住所変更以外にさまざまな手続きが必要です。

【関連】人事異動に伴う社会保険手続きとは?転居や海外転勤の対応方法を解説!

【参考】日本年金機構 従業員及び被扶養配偶者の住所に変更があったときの手続き
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20150320.html

住所変更届の手続き方法

被保険者住所変更届は被保険者の社会保険の加入状況により、記入する枚数が異なります。

社会保険の加入状況 対象者 提出書類
協会けんぽの健康保険と厚生年金保険の両方または厚生年金のみ加入している場合 被保険者と被扶養配偶者 1枚目と2枚目の両方を記入し提出する
被保険者のみ 1枚目のみ記入し提出する
被扶養配偶者のみ 2枚目のみ記入し提出する
協会けんぽの健康保険のみ加入している場合 被保険者と被扶養者 1枚目のみ記入し提出する
(被扶養配偶者の住所変更欄は記入不要)
被保険者のみ 1枚目のみ記入し提出する
被扶養配偶者のみ 届け出る必要はありません

事業主は提出前に上記の書類と記入内容を必ず確認しましょう。

住所変更届の提出方法

厚生年金保険被保険者住所変更届の提出時期、場所、提出方法は以下のとおりです。

厚生年金保険被保険者住所変更届の提出方法

【提出時期】
必要な書類が揃いしだい「速やかに」提出します。

【提出場所】
事業所の所在地を管轄する年金事務所、または事務センターまで郵送します。

【提出方法】
電子申請、郵送、窓口持参

国民年金第3号被保険者住所変更届は、電子申請ができないので注意してください。また、被保険者が日本年金機構に登録している住所と届け出た住所が異なっていた場合は、新たな手続きが必要です。

日本年金機構の登録住所と被保険者変更届の住所が異なる場合

日本年金機構に「住所一覧表」を郵送または窓口申し込みで請求し、住所一覧表に朱書きで訂正したもの、または所定の被保険者変更届(日本年金機構ホームページよりダウンロード可能)を事業所が管轄する年金事務所に提出します。

【参考】日本年金機構 登録されている従業員及び被扶養配偶者の住所を確認したいとき
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha2/20130809.html

住所変更届の記入方法

住所変更届の記入事項について説明します。

厚生年金保険被保険者住所変更届の記入事項

厚生年金保険被保険者住所変更届は以下の手順に従い、記入していきます。

(1)「健康保険 厚生年金保険 被保険者住所変更届」に○をつける

加入する社会保険によって、記述方法が異なります。

加入する社会保険 記入方法
協会けんぽの健康保険と厚生年金 ○をつける必要はありません
厚生年金のみ 厚生年金保険を○で囲む
協会けんぽの健康保険のみ 健康保険を○で囲む

(2)各種項目を記入する

事業所整理番号、被保険者整理番号、基礎年金番号、住所変更日を記入します。

協会けんぽの健康保険のみ加入の場合は基礎年金番号の記入をする必要はありません。

(3)被扶養配偶者の住所変更欄に記入する

被保険者と同居しており一緒に住所変更する場合は「レ」または「○」を記入する

(4)事業主印の押印と提出日の記入を行う

事業主が年金事務所などへ書類を提出した日を記入する。押印は事業主自らのサインがあれば必要ありません。

以上、書類を作成する際は上記の点に特に注意しましょう。

住所変更届の注意点

厚生年金被保険者住所変更届を行う際は以下のポイントに注意しましょう。

  • 被保険者が住所を変更した場合は速やかに事業所に届け出てもらう
  • 事業主は被保険者の届出を受けたら速やかに日本年金機構に「厚生年金被保険者住所変更届」を提出する
  • 厚生年金保険被保険者住所変更届は、被保険者が加入する区分により記入する書類や記入事項が異なる
  • 被保険者が届け出た旧住所と国民年金機構に登録された住所が一致しているか確認する

まとめ

  • 協会けんぽに加入している被保険者が住所を変更した場合、従業員は所属する事業所に住所変更届を届け出なければならない
  • マイナンバーと基礎年金番号が紐づけられている被保険者の場合、住所変更届は原則不要である
  • 住所変更届は被保険者の社会保険の加入状況により、記入する枚数が異なる
岡 佳伸|社会保険労務士 岡 佳伸 事務所

年度業務の一大イベント、社保算定基礎届手続きを解説!

労務SEARCHを運営するオフィスステーションより、社会保険算定基礎届手続きかんたんガイドをお届けします。リスクトラブルを防ぐため、「算定基礎届」の要件や提出方法などをポイントごとにまとめ、わかりやすく解説しています。

e-Govをもっと便利に使うなら。無料で使えるe-Gov電子申請連携ツール「オフィスステーション 労務ライト」。
各種簡単ガイド一覧はこちら