人事・労務の課題を解決するメディア労務SEARCH byオフィスステーション

Facebook twitter
無料メールマガジン登録受付中!

【社労士監修】アウトソーシングとは?BPOや人材派遣との違いを、対象業務・メリットでご紹介!

更新日:

経営・戦略

近年、アウトソーシングを活用する企業が増えています。アウトソーシングはBPOや人材派遣と似ている経営手法でもあり、その違いを明確にしておくことは経営戦略を立てるうえでも重要となります。今回はアウトソーシング・BPO・人材派遣の違いや、その対象業務、活用するうえでのメリットをご紹介します。

アウトソーシングとは

アウトソーシングとは、自社でおこなっていた業務全体またはその一部を外部の企業やスタッフに切り出し、対応を依頼する手法です。対象の業務は企業内で対応するのではなく、社外の人材や専門企業に委託します。業務の依頼を受けた業者(アウトソーサー)は、委託された業務を成果物として納品する役割を担います。

アウトソーシングは選択と集中の経営戦略のひとつでもあり、コスト削減や業務効率化、品質向上を実現できます。

BPO、人材派遣との違い

アウトソーシングとBPO、人材派遣は似ている手法ですが、内容には大きな違いがあります。業務そのものを外部に委託するか、代行する人員を供給するかという点も比較検討する要素でもあります。

アウトソーシング BPO 人材派遣
ビジネスモデル アウトソーシング会社が委託された業務を遂行する 業務の遂行に加え、業務全体をひとつのパッケージとして請け負い、課題を解決する 派遣会社が人材を派遣する 派遣会社が人材を派遣する
対価が発生する
タイミング
業務の遂行と成果物の納品 アウトソーシングに同じ 人材の派遣と派遣先での労働
スタッフとの
雇用契約
アウトソーシング会社との雇用契約 派遣会社との雇用契約
スタッフへの
指示
アウトソーシング会社が指示する 派遣先企業が指示する

アウトソーシングは人手不足で業務が回らないときや、特定の作業を任せたいときに有効な手段です。

BPOはアウトソーシングの一部であり、必要な業務や部署に対して、外部業者が業務を請け負い、対応する点ではアウトソーシングと同じ定義となります。

しかし、BPOの場合、業務の代行に加えて経営戦略の一環として業務全体を請け負い、業務効率化なども課題として取り組みます。そのため、BPOはコンサルティングを兼ねた経営戦略のひとつともいえます。

業務を依頼するアウトソーシングに対し、人材派遣は「業務をおこなう人員の提供」を依頼します。人材派遣は不足した人員の補充を第一の目的としています。派遣先で業務を完結する必要がある、派遣先の管理職とのやり取りが必要といった場合に有効な手段です。

アウトソーシングの対象業務とメリット

アウトソーシングとBPO、人材派遣では、それぞれ最適な業務が異なります。アウトソーシングに適した業務は提携業務や重要度が低いノンコア業務、高度な専門知識や技術が必要となる専門業務が多いといえます。ここでは、アウトソーシングに最適な業務や活用するメリットをご紹介します。

アウトソーシングの対象業務

従来のアウトソーシング業務は、パートタイムやアルバイトでも対応できるような単純作業がほとんどでしたが、近年では業務範囲も広がり、内制コストが割高な専門分野を外部業者に委託する企業が増えています。

社内ネットワーク環境の構築やシステムの設定・運用・保守といったIT業務、コールセンター、営業に必要な提案資料作成、テレアポによる見込み顧客の開拓、工場での商品製造、福利厚生、給与計算や労務管理、経理や会計の事務処理、人材採用など、職種や業務内容は多岐に渡ります。

アウトソーシングのメリット

アウトソーシングのメリットには、業務効率化や企業競争力の強化といった経営側のメリットが多いといえます。特に管理部門を想定した場合のメリットが多く、以下の効果が期待できます。

項目 具体的な効果
業務効率化 管理部門で煩雑になりがちな書類作成・管理など事務作業を軽減
企業競争力の強化 社員の教育が不要、パソコンやシステムに関する専門知識をもつ人材によって、自社にノウハウがなくても質の高い業務遂行ができる
品質向上 その業務の専門家に依頼することで、品質を維持しながらリスクを回避し、最短で仕事が仕上がる
組織のスリム化 自社の人材をアウトソーシング会社に転籍させることで、親会社は人員の最適化やコスト削減を実現できる

アウトソーシングは社内の事務作業と人件費の削減に加え、業務品質の向上や業務効率化の実現により、注力すべき事業に人員や資源を集中させることができます。本来集中すべきコア業務に尽力することは、企業の成長が迅速に促進します。

アウトソーシングかBPOか、その判断基準とは?

BPOはアウトソーシングの一部ですが、経営戦略の一環として業務全体をひとつのパッケージとして請け負う点がアウトソーシングとは異なります。BPOは業務遂行だけでなく、効率化や標準化といった企業が抱える課題の解決に取り組み、同時進行で全体最適の効果を生み出すことを目指します。

アウトソーシングとBPOのどちらを選択するかは、依頼する業務の目的で判断します。

判断軸 方法
ノウハウがある BPO
業務の見直し・コスト削減が必要 BPO
改善策の策定・提案・実行 BPO
繁忙期・人手不足 アウトソーシング
継続的に利用する BPO
定型作業の実施 アウトソーシング
プロジェクト単位 BPO

定型作業のみ依頼をおこなう場合はアウトソーシングが最適です。企業の業務効率化やコスト削減、課題解決のために業務全体を俯瞰して判断し、改善策の策定・提案・実行が必要な場合はBPOを選択しましょう。BPOは業務を代理で遂行するだけではなく、経営の目線で課題を捉え対応する点が、作業のみを委託するアウトソーシングとの違いです。

株式会社エフアンドエムが提供する、クラウド型労務・人事管理システム「オフィスステーション」は、労務人事管理の課題を解決することで、企業・組織の全体最適を促すBPO業務を提供しております。

まとめ

  • アウトソーシングとは、自社でおこなっていた業務全体またはその一部を外部の企業やスタッフに切り出し、対応を依頼する手法である
  • アウトソーシングとBPO、人材派遣では、それぞれ適する業務が異なる
  • 従来のアウトソーシング業務は、パートタイムやアルバイトでも対応できるような単純作業がほとんどだったが、近年では専門分野を外部業者に委託する企業が増えている
  • BPOはアウトソーシングの一部であり、経営戦略の一環として業務全体をひとつのパッケージとして請け負う
  • BPOは効率化や標準化など企業が抱える課題の解決に取り組み、同時に全体最適の効果を生み出しながら、経営の目線で課題を捉え対応する

Growthix Capital 株式会社 取締役 CSO|田坂 伸一(ホームページ:https://growthix.co.jp/

働き方改革を本気で成し遂げるために!

労務SEARCHを運営するオフィスステーションより、無料e-book「働き方改革~経営者が知っておきたいポイント~」お届けします。優秀な人材の獲得や定着が重要な経営課題となっている今、労働者保護と従業員満足度向上を実現するための働き方改革のポイントをご紹介いたします。

e-Govをもっと便利に使うなら。無料で使えるe-Gov電子申請連携ツール「オフィスステーション 労務ライト」。
各種簡単ガイド一覧はこちら