労務SEARCH > 人事労務管理 > 就業規則/勤怠管理 > Universal 勤次郎とは?Enterpriseとなにが違う?特長・料金・機能を解説
Universal勤次郎とは?

Universal 勤次郎とは?Enterpriseとなにが違う?特長・料金・機能を解説

この記事をシェアする

多くの利用者を誇る「勤次郎 Enterprise」を提供する勤次郎株式会社が、2021年に新たに「Universal 勤次郎」という勤怠管理システムをリリースしました。

Universal 勤次郎の特長は、カスタマイズ不要で幅広い業種・職種に対応した豊富な機能を使える点です。ほかにも、従業員の勤怠管理と健康管理を同時におこなえるなど、長年の実績がある同社ならではの特長が目立ちます。

この記事ではそんなUniversal 勤次郎について、特長や機能・口コミをご紹介します。

監修者労務SEARCH 編集部

労務・人事・総務管理者の課題を解決するメディア「労務SEARCH(サーチ)」の編集部です。労働保険(労災保険/雇用保険)、社会保険、人事労務管理、マイナンバーなど皆様へ価値ある情報を発信続けてまいります。
詳しいプロフィールはこちら

本コンテンツは労務SEARCHが独自に制作しており、公正・正確・有益な情報発信の提供に努めています。 詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。 もし誤った情報が掲載されている場合は報告フォームよりご連絡ください。

Universal 勤次郎とは

Universal 勤次郎
初期費用 要問い合わせ 主な機能 出退勤/残業管理/シフト応援/工数管理など
1人あたりの
月額料金
要問い合わせ ワークフロー
機能
残業/休暇/
出張/直行直帰/勤務変更など
無料
トライアル
主な
連携システム
打刻方法 4種類 対応言語 日本語
関連サービス 勤次郎Smart 詳細 公式サイト

Universal 勤次郎とは、勤次郎株式会社が2021年12月にリリースした勤怠管理システムです。

勤怠管理システムのなかでは比較的新しいシステムですが、同社は長年就業管理システムを運営しており、Universal 勤次郎の前身である『勤次郎Enterprise』は、オンプレミスで118万人・クラウドで36万人が利用するほどの人気を集めていました。

Universal 勤次郎はそうした長年のノウハウを基に設計されており、”機能よりも運用を提供する”ことを理念に開発されました。利用実績は導入企業が5,500社以上、継続利用率は99.8%と顧客満足度が高いシステムであることが窺い知れます。おすすめな勤怠管理システムの一つと言えるでしょう。

Universal 勤次郎の料金

Universal 勤次郎にかかる初期費用・月額料金に関しては、個別見積もりをしてもらう必要があります。ちなみに、Universal 勤次郎リニューアル前の「勤次郎Enterprise」の価格は下記のとおりでした。

勤次郎Enterpriseの料金
初期費用 個別見積もり
月額料金 0円
クラウド使用料金
/1アカウント
370円~400円

 

クラウド使用料金は、アカウント数によって変動します。また利用する機能によっては別途オプション料金が発生する可能性がありました。Universal 勤次郎の導入を本格的に検討している企業は、勤次郎株式会社に問い合わせてみましょう。

Universal 勤次郎の特長

Universal勤次郎の特長を解説

次に、Universal 勤次郎の特長を紹介します。他社の勤怠管理システムと比較して、どこが優れているのかを見ていきましょう。

豊富な機能が搭載されているのでカスタマイズいらず

Universal 勤次郎の一つ目の特長は、標準パッケージに豊富な機能が搭載されているので、カスタマイズなしでさまざまな企業の勤怠管理が可能なことです。

医療や運送・建設など業種が違えば就業ルール・勤怠管理システムで利用したい機能も異なりますが、Universal 勤次郎では利用者がカスタマイズなしで対応できるように、充実した機能がパッケージ化されています。

また、法改正に伴いシステムは常にアップデートされているので、最新の法令に従って労務・勤怠管理ができます。

UI/UXの見直しで使いやすさを強化

勤次郎株式会社はUniversal 勤次郎のリリースにあたり、前身の勤次郎 Enterpriseから、UI/UXを大幅にリニューアルしました。その結果、業務システムライクだった勤次郎 Enterpriseと比較して、Universal 勤次郎はわかりやすさ・使いやすさを徹底したデザインになっています。

大きな特長は、Universal 勤次郎のトップページであるダッシュボードにおいて、利用者は自分が表示させたい項目を自由に選ぶことができる点。

たとえば従業員は、よく使う休暇や残業申請などへのショートカットボタンや、自身の残業時間をトップページに表示させることが可能です。

▼Universal 勤次郎のダッシュボード

Universal勤次郎ダッシュボード

これはPCの利用に慣れていない従業員でも、少ない動作で必要な情報に的確にたどり着けるよう工夫されている証拠でしょう。実際にネット上の口コミを見てみると「使いやすい」といった評判が上がっています。


そのほかにも、快適な操作を実現するためにワークフロー機能が一画面で完結可能であったりと、一般的な勤務管理システムの使いづらさを解消したUniversal 勤次郎の操作性の高さは、利用ユーザーからも高い評判を得ています。

従業員の勤怠管理×健康管理を実現

ヘルス×ライフ

Universal 勤次郎の三つ目の特長は、同社が提供する『ヘルス×ライフ』という従業員の健康管理システムがUniversal 勤次郎内のパッケージに含まれていることです。

管理システムを利用するかどうかは顧客が決められ、利用する場合は従業員自らが健康管理できるスマホアプリが無料で提供されます。

最近では「健康経営」といった、従業員が健康な状態を維持できるよう企業が健康管理をおこない、労働生産性の向上を目指す経営手法が注目を浴びています。ヘルス×ライフはそんな健康経営を実現するために、従業員一人一人の健康面の把握が可能です。

ヘルス×ライフでは従業員の日々の生活データや健康診断などの結果を取得・管理し、人事・勤怠データも含めて分析ができます。また健康診断などの受診促進、場合によっては管理者へアラートで通知するように設定することも可能です。

今後はヘルス×ライフで得たデータをAI分析し、退職者予測をおこなえるようにするなどまだまだ開発は続いているそうです。

Universal 勤次郎の機能

Universal勤次郎の主な機能

Universal 勤次郎では、主に以下の機能を使用することができます。

作成できるシフトパターンは46,000種類以上

Universal勤次郎のシフト管理

シフトに関しては、従業員は希望日の提出ができることはもちろん、シフト作成者は人件費や勤務条件・必要な人数・法令などを考慮しながら調整可能です。また、

  • 他店舗間との応援勤務の調整
  • シフトで定められた勤務時間を基にプロジェクトの管理

もできます。さらに、各業種・職種ごとの特殊なシフト管理に対応しています。

シフト管理機能の特長
病院 ・4週4休を考慮したシフト作成
・勤務実績、公休残管理を予実管理
・様式9の対応
介護 ・夜勤、宿直などを加味したスケジュール調整
・施設間のシフト応援調整
・常勤換算表作成のための勤務データの管理
運送 ・アルコールチェッカーとの連携
・日またぎ勤務、勤務間インターバルの管理
建設 ・直行直帰、現場移動の管理
・外出先からスマホでのGPS打刻や各種申請
学校・教育 春休みや夏休みなどをふまえた年度勤務計画の作成
・在席確認
・部活動などの課外活動や講義などの手当管理
ホテル ・365日24時間体制の勤務管理
・清掃やキッチンスタッフなど複数の職種・勤務形態に対応
小売 ・パートタイム・アルバイトなど雇用形態を加味した管理
・催事日の加給管理
情報通信 ・フレックスタイム制、テレワーク、ワーケーションなどの管理

Universal 勤次郎で作成できるシフトパターンの数は、なんと46,000種類以上。ほとんどの業種・職種に対応していると言っても過言ではないでしょう。そして前述したとおり、いずれもカスタマイズなしで利用可能です。

コンプライアンスの遵守・リスク対策も可能

特殊なシフト管理が複雑な業種の場合、管理者はコンプライアンスの遵守やリスク対策も気を付けなければなりません。Universal 勤次郎なら、アラート通知や残業管理機能でその点も含めて管理できます。

Universal勤次郎の残業管理

また夜間勤務が発生する業種の場合、従業員の健康管理をおこなうためにも先に紹介した『ヘルス×ケア』との併用がおすすめです。

スマートフォン対応の機能も

Universal勤次郎 スマホ対応

Universal 勤次郎において下記の機能は、スマートフォンに対応しています。

特にシフト入力は、スマホから対応可能にすることで従業員・シフト作成者双方の負担が軽くなり、シフト作成がスムーズに進むでしょう。

Universal 勤次郎の注意点

Universal 勤次郎では、打刻・残業・遅刻などを含む10項目の申請を標準搭載しています。任意で独自の申請項目の作成も可能なほど、申請機能の柔軟性が高いです。そして承認機能も、

  • 1人承認
  • 全員承認
  • スピード承認
  • 権限別承認

など会社の方針に合わせて承認パターンを選択することができます。

universal勤次郎の承認パターン

しかしこの承認パターンの設定は、初回時に個別に設定をおこなう必要があります。申請をおこなう従業員に対して一人ずつ承認パターンを選択しなくてはならないため、初回時は少し手間がかかる可能性があることに注意をしましょう。

Universal 勤次郎に関するよくある質問

Universal勤次郎に関するよくある質問

最後に、Universal 勤次郎を利用するにあたりよくある質問をいくつかご紹介します。

Universal 勤次郎のサポート体制は?

Universal 勤次郎は、導入前の社内提案~システムを実際に稼働した後までサポートが付いています。他社の勤怠管理システムと異なる点は、システム導入にあたり人事・労務担当者が社内へ提案する際の、提案方法の相談や協力までおこなってくれること。

他システムとの連携、運用開始後に発生した設定の変更などもサポート対象です。

Universal 勤次郎の導入を検討しているので相談したい

公式サイトや資料よりももっと詳しくUniversal 勤次郎について知りたい方は、無料のオンラインデモがおすすめです。「本格的に導入を検討しているので話を聞きたい」「魅力を簡単に説明してほしい」など各要望に合わせて、Universal 勤次郎について案内してくれます。

また実際の画面を見ながら説明してくれるので、導入後の操作方法のイメージも湧きやすいでしょう。

まとめ

Universal 勤次郎は、勤次郎株式会社が長年のノウハウを磨き上げて開発した勤怠管理システムです。機能の大きな特長としては、勤怠管理と同時に健康管理機能を利用できる点、さまざまな業種・職種に対応する46,000種類以上のシフトパターンを設定できる点などが挙げられます。

また、自社に就業ルールなどに合わせて必要な機能を自分で選び、カスタマイズする作業は必要ありません。直感的に操作できるデザイン性の高さも、PCが不慣れな方でも利用しやすいと評判を集めています。

労務SEARCH > 人事労務管理 > 就業規則/勤怠管理 > Universal 勤次郎とは?Enterpriseとなにが違う?特長・料金・機能を解説