タレントマネジメントシステムとは?システム比較ポイントについて解説

この記事をシェアする

中小企業経営において、さらなる発展を目指すためには、社員の成長および適切な人材配置が欠かせません。社員のもつ能力を最大限に発揮し、適材適所による人材配置をおこなうための手法として、「タレントマネジメント」が注目されています。
本記事では、タレントマネジメントの管理に特化した「タレントマネジメントシステム」について解説します。

監修者
労務 SEARCH

労務SEARCH(サーチ)は、労務・人事・総務管理者の課題を解決するメディアサイトです。労働保険(労災保険/雇用保険)、社会保険、人事労務管理、マイナンバーなど皆様へ価値ある情報を発信続けてまいります。

タレントマネジメントシステムとは

タレントマネジメントシステムとは

タレントマネジメントシステムとは、社員のもつ能力(タレント)を把握・管理し、基本的なプロフィールやスキル、経歴などの情報を一元管理するシステムです。

タレントマネジメントシステムの目的・メリット

タレントマネジメントシステムの活用により、効率的な「人材評価管理」や、効果的な「人材育成」、戦略的な「人材配置」がおこなえます。
タレントマネジメントシステムでは、データベース上で人材評価にかかわる情報を管理するため、紙やエクセルの評価シートのように、集約や管理に手間がかかりません。
また、個人やチームの目標などもシステム上で管理・把握しやすく、日々、進捗状況を確認しながら社員の教育・成長をサポートできます。
さらに企業経営にとって重要な「人材配置」も、データベース上の「スキルや能力」「勤務・経験年数」「異動希望」などの情報から、最適な人材配置の計画が可能です。

人事管理システムとの違い

タレントマネジメントシステムは、「人事管理システム」と混同されることもありますが、人事管理システムの場合、「氏名」「住所」「職歴」「資格」など人事・労務にかかわる一連の社員情報の管理をおこなうシステムです。
そのため、社員のもつ能力(タレント)データをもとに、「人材評価管理」や「人材育成」、「人材配置」への活用を目的としたタレントマネジメントシステムと異なります。

タレントマネジメントシステムの主な機能

タレントマネジメントシステムの主な機能

タレントマネジメントシステムには、主に以下のような機能が搭載されています。

プロフィール・スキル管理

社員のプロフィールや、保有資格・スキルなどを管理、検索できる機能です。

目標・パフォーマンス管理

個人やチームの目標を設定し、目標達成に向けた過程を管理・把握できる機能です。

育成計画・後継者管理

優秀な人材やリーダーを育成するために、「リーダーや後継者として相応しい人材」を見出し、必要に応じた育成計画の作成、管理をおこなう機能です。

報酬管理

勤務年数や成績などの社員のプロフィール情報や、評価結果をもとに、報酬をシミュレーションし、昇給や賞与などの自動計算・管理をおこなう機能です。

タレントマネジメントシステムの選び方・比較ポイント

タレントマネジメントシステムの選び方・比較ポイント

タレントマネジメントシステムの効果を最大限に発揮させるためには、自社にとって最適なシステムを選定しなければなりません。
タレントマネジメントシステムを選ぶ際は、以下のポイントをおさえて選定しましょう。

自社の人事管理の実態や目的に合わせて選ぶ

タレントマネジメントシステムを導入する際は、まず、自社における人事管理の現状把握と、目的の明確化をおこなわなければなりません。
課題や問題点はどのような部分にあるのかを洗い出すことで、必要な機能が明確となり、システム選びがスムーズにおこなえます。

柔軟性や拡張性があるものを選ぶ

タレントマネジメントシステムのなかには、必要に応じて、パーツやテンプレートを組み合わせ、カスタマイズが可能なものや、ほかの人事管理系システムと連携が可能なものもあります。
「タレントマネジメント管理に特化したシステム」を、最大限に活用するためには、自社のもつシステム状況などに合わせ、柔軟性や拡張性があるものを選ぶといいでしょう。

セキュリティレベルが安心なものを選ぶ

タレントマネジメントシステムでは、社員のプロフィール情報など、多くの個人情報を取り扱います。
個人情報の保護は企業の責務のひとつであるため、「データの外部流出防止機能」や「パスワードの強化設定」、「データベースの二重化」などの機能が搭載された、セキュリティレベルが安心なシステムを選びましょう。

目的タイプ別:タレントマネジメントシステム比較

タレントマネジメントシステムを選ぶ際、目的タイプ別に比較すると自社に最適なシステムを検討しやすくなります。

多目的に活用したい

タレントマネジメントを「人材評価」、「人材育成」、「人材配置」など、多目的な分野で総合的に活用したい場合は、豊富な機能を備えた多目的型のタレントマネジメントシステムがおすすめです。
人材管理における課題が複数ある場合や、試験的にタレントマネジメントを導入してみたい場合などは、汎用性の高い「多目的タイプ」のタレントマネジメントシステムを導入してみるといいでしょう。

人材育成に力を入れたい

人材評価の業務効率化や整備だけでなく、評価後の「人材育成」に力を入れたい場合は、「人材育成」に特化した「目標管理支援タイプ」のタレントマネジメントシステムがおすすめです。
目標管理支援タイプのシステムには、ツリー型で組織全体、チーム、個人、各目標のつながりをわかりやすく可視化した機能(マップ機能)があります。また設定された目標に対する進捗状況の管理機能により、管理者が随時確認、フォローアップできる体制を整えることが可能です。

人材配置を適切におこないたい

適切な「人材配置」をおこない、社員のもつ能力を最大限に発揮したい場合は、「人材配置」に特化した「人材活用支援タイプ」のタレントマネジメントシステムがおすすめです。
社員の人材配置を手作業でおこなうデメリットとして、「直感や印象」によるブレが生じ、適材適所がうまく機能しないという問題があげられます。
「人材配置」に特化したシステムでは、データ化された「スキル・資格」や「人材評価結果」、「異動履歴」などの情報をもとに「平等」かつ「効率的」に戦略的な人材配置をおこなうことが可能です。

主なタレントマネジメントシステムの紹介

主なタレントマネジメントシステムの紹介

昨今、多種多様なタレントマネジメントシステムがリリースされています。そのなかでも、複数の機能を備えた多目的タイプの主なタレントマネジメントシステムについて紹介します。

タレントパレット/オフィスステーション


タレントパレットは、中小企業から大手企業まで、幅広い企業で導入され、継続率99.6%を誇る、タレントマネジメントシステムです。
タレントパレットには、主な機能として以下のような機能が搭載されています。

・人材データ分析
社員に紐づくデータを集約し、必要なタイミングで、一目でデータを確認できる「人材の見える化」機能が搭載されています。
社員の顔写真を一覧化することで、顔と名前が一致しない課題を解決し、氏名や資格、趣味などを検索し、条件にあった社員を簡単に見つけ出すことが可能です。

・人材評価の効率化
企業に合わせた評価シートを作成し、人事評価の構築・運用のフォローや評価者分析などをサポートします。
PCやスマホから簡単操作できるため、場所や時間を選ばず、人事評価担当者の負担を削減します。

・離職防止/予兆の検知
離職者のデータを蓄積・傾向分析し、現社員の離職予兆、予防につなげます。
「離職危険を早期発見するアラート機能」で、ケアすべき社員を手遅れになる前に検知可能です。

またタレントパレットは、クラウド型労務・人事管理システム「オフィスステーション」と、API連携が可能であり、労務管理から人事評価、人材育成、採用、タレントマネジメントまで、一気通貫による人事管理が実現します。

タレントパレット公式サイト
オフィスステーション公式サイト

カオナビ

 

カオナビは、利用社数2,500社(2022年3月時点)のシェアを誇る、タレントマネジメントシステムです。
カオナビには、主な機能として以下のような機能が搭載されています。

・人材配置・要員シミュレーション
顔写真を用い、各部署の社員の顔ぶれや、バランスを直感的に把握し、具体的な人件費やスキル値を確認しながら、人材配置・要員をシミュレーションできます。

・評価運用の効率化
従来運用していた紙またはエクセルによる評価シートをクラウド上にそのまま再現し、「ワークフロー機能」で進捗状況や入力漏れを防ぎ、評価結果を一覧で可視化することで、組織バランスの確認や調整をおこなえます。

・経営の意思決定支援
経営や人事戦略で重要なKPIをグラフで定点観測でき、マトリクス分析(縦横のマトリクスに「所属」や「スキル(レベル)」、「売上」といった情報でかけ合わせる分析方法)によって、埋もれた人材を発掘し、社員育成や人材配置に活用できます。
さらに事業部や子会社の情報も統合することで、効率的にグループ間の人材再配置をおこなうことが可能です。

カオナビ公式サイト

まとめ

中小企業経営において、さらなる発展を目指すためには、社員の成長および適切な人材配置が必要不可欠です。
社員のもつ能力を最大限に発揮し、適材適所による人材配置をおこなうための手法として、「タレントマネジメント」は有効的な方法ですが、人による管理の場合、「評価者によるブレ」や「不公平・非効率な人材配置」が生じるリスクがあります。
そのようなリスクを回避するためには、タレントマネジメントの管理に特化した「タレントマネジメントシステム」の活用がおすすめです。