おすすめの人事評価システムは?無料体験できる製品や小規模・中小企業向け製品を紹介

この記事をシェアする

人事評価システムを導入しようと考えているものの、どの人事評価システムにしたらいいか悩んでいる人もいるでしょう。人事評価システムは、事業規模や評価制度を加味して選ぶことが大切です。本記事では、おすすめの人事評価システムを紹介します。

監修者
労務 SEARCH

労務SEARCH(サーチ)は、労務・人事・総務管理者の課題を解決するメディアサイトです。労働保険(労災保険/雇用保険)、社会保険、人事労務管理、マイナンバーなど皆様へ価値ある情報を発信続けてまいります。

人事評価システムとは

人事評価システムとは

人事評価システムとは、従業員の成績や貢献度など人事評価にかかわる内容を登録するためのシステムです。能力を評価に落とし込める「コンピテンシー評価」対応のシステムや、360度で評価できるシステムなどが存在します。

また、クラウドで作られた人事評価システムを利用することで、テレワークやリモートワークでも適切な評価をおこなえます。

人事評価システムを利用する4つのメリット

人事評価システムを利用する4つのメリット

それでは、人事評価システムを利用するメリットはどのようなものがあるでしょうか。メリットとしては以下の4つが挙げられます。

ひとつずつ解説します。

人事評価の業務効率化

人事評価システムを導入する最大のメリットは、人事評価の業務効率化です。目標設定やフィードバックをエクセルでおこなうと、ファイル管理、進捗管理、履歴管理が煩雑でミスが多くなりやすく、頻繁にメールでやり取りをおこなうため、多大な工数が必要となります。人事評価システムでは、システム上の画面で目標設定か人事評価まで一元管理が可能です。

また、人事評価システムによっては、どこまで評価が進んでいるのかの確認や、社員それぞれの提出状況の確認ができる場合があります。個別に確認する手間も省けるため、人事担当者は本質的な仕事に時間を割くことが可能です。

社員の意欲向上・定着率の向上

人事評価システムを利用することによって、社員の意欲向上・定着率の向上の効果を見込めます。人事評価は、適切におこなわないと評価に不満をもつ社員が生まれ、モチベーションの低下につながります。最悪の場合では、離職するかもしれません。

丁寧なフィードバックや、納得できる評価をおこなうことで、社員の意欲向上・定着率の向上を実現可能です。また、人事評価システムのなかには、ほかの社員のスキルや特性を確認できる機能が備わっていることもあり、社員同士の相互理解の手助けをしてくれるサービスもあります。自分だけでなく、ほかの社員の評価も公正であることがわかれば、社員の定着率が向上するでしょう。

より適した人材の配置や人事異動

人事評価システムを導入して、データベースとして情報を集約・分析できれば、より適した人材の配置が可能です。システムを導入していない時は、人事異動の判断材料は人事担当者や経営幹部の記憶や主観に基づいておこなわれることが多いでしょう。しかし、人事評価システムを導入すれば、従業員それぞれのスキルや取り組みを記録できるため、データに基づいた人事異動が可能となります。

人事情報の一元管理

従業員の人材データを一元管理できることもメリットのひとつです。人材データとは、次のようなデータを指します。

このようなデータを人事評価システムで一元管理することが可能となるため、データを探す時間を削減できます。

人事評価システムを選ぶ時の4つのポイント

人事評価システムを選ぶ時は、次の4つのポイントを意識してみましょう。

ひとつずつ詳しく解説します。

業務範囲をカバーしている製品か

人事評価システムを選ぶ時に、効率化をしたいと考えている業務範囲をカバーしている製品かどうかを確認してください。多くの場合で「人事評価の効率化」か「人材管理業務全般の効率化」のどちらかを目指しているため、自社の導入目的はどちらが軸となっているかを確認します。

この軸がズレた製品を選んでしまうと、必要だと考えていた機能が足りなかったり、逆に機能が多すぎたりという不満が生まれかねません。

自社の人事評価制度との相性

人事評価システムを選ぶ時には、自社の評価制度との相性を確認してください。人事評価システムの標準機能で評価できれば、複雑なカスタマイズも不要となります。すでにできている人事評価制度をそのまま利用したい場合には、拡張性の高い人事評価システムを選ぶ必要があります。

特に、次のような評価を採用しているならば、システムを導入する時に利用可能か確認する必要があります。

組織の規模や体制にあっているか

人事評価システムを選ぶ時には、自社の組織規模に合っているかどうかも大切です。たとえば、規模の大きな企業では、複雑な承認フローが必要な場合や、部署やグループでの評価の共有が必要な場合もあります。そのような業務フローに対応している人事評価システムを導入しないと、せっかく人事評価システムを導入したのに「一部の機能やフローはメールのやりとりが必要」など、かえって煩雑となるかもしれません。

そのため、人事評価システムの機能を自社の活用イメージに落とし込んで検討することが大切です。

導入済みのシステムを利用できるか

人事評価システムを導入しようと考えた時に、すでに導入しているシステムを流用できないかを検討することも大切です。たとえば、人事評価の効率化のみを検討しており、データベースの利用などは検討していない場合は、経営管理システムなどのエクセルの配布と回収機能を利用すれば実現可能なケースもあります。

人事評価システムは無料で試せることもありますが、一定の予算が必要です。すでに導入しているシステムを利用できないか検討しましょう。

【無料トライアルあり】おすすめの人事評価システム

【無料トライアルあり】おすすめの人事評価システム

ここからは無料トライアルのあるおすすめの人事評価システムを紹介します。

ひとつずつ解説します。

オフィスステーション

オフィスステーションは労務手続き、年末調整、有休管理、Web給与明細、マイナンバー管理機能をもつ労務システムです。

すべてをオールインワンで利用可能ですが、使いたい機能だけを選んで使うこともできます。

また、人事・労務にかかわる年末調整や入社・退社などの107の帳票に対応しています。

Webサイト https://www.officestation.jp/roumu/function/
料金 【登録料】110,000円

【利用料】一人あたり440円〜

操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 要問い合わせ
利用社数 20,000社以上

カオナビ

カオナビは導入実績が2,000社以上ある人事評価システムです。紙媒体やエクセル、ほかのシステムで管理していた人事データを一元管理できます。

また、ワークフロー機能で入力漏れや進捗確認をおこなうことも可能です。システムの操作性も高く、優れたUIで誰でも簡単に利用できます。

Webサイト https://www.kaonavi.jp/
料金 要問い合わせ
操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 要問い合わせ
利用社数 2,000社以上

HRBrain

「目標管理」「人事評価」「タレントマネジメント」などの機能がある人材管理システムです。

ツリーのように表示された組織図を確認しながら、従業員のスキルや実績をもとに適切な人事異動が可能となっています。

また、細かい分析も可能となっており、評価の良い優秀な社員の入社経路や今まで参加した研修なども確認可能です。

Webサイト https://www.hrbrain.co.jp/
料金 要問い合わせ
操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 要問い合わせ
利用社数 70社以上

【小規模・中小企業向け】おすすめ人事評価システム

オフィスステーション

小規模企業や中小企業では、欲しい機能を選べるアラカルト型サービスとなっているオフィスステーションを利用することで低価格で人事評価システムを導入できます。「労務手続き」「年末調整」「有休管理」「Web給与明細」「マイナンバー管理」のなかで必要な機能を選んで導入しましょう。

シンプルな操作性と申請書類の自動作成、電子申請ができるなどの機能があります。

Webサイト https://www.officestation.jp/roumu/function/
料金 【登録料】110,000円

【利用料】一人あたり440円〜

操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 要問い合わせ
利用社数 20,000社以上

ヒトマワリ

「利用したいクラウド型人材管理システムNo.1」「人事担当者が選ぶ人事管理システムNo.1」「経営者が選ぶクラウド型人事管理システムNo.1」といわれる人事管理システムです。

初期費用が無料となっているため、小規模や中小企業でも導入しやすい製品です。

人材情報が一元管理されるため、人事担当者は煩雑な作業をおこなう必要がなく、本質的な仕事に専念することができます。

Webサイト https://www.hitomawari.jp/
料金 初期費用0円、月額10,000円〜
操作性
セキュリティレベル
外部システム連携 要問い合わせ
利用社数 1,200社以上

まとめ:人事評価システムを使って業務効率化を目指そう

本記事では、人事評価システムを導入するメリットや導入する時のポイント、おすすめの人事評価システムについて解説しました。

人事評価システムを導入することで、人事担当者の業務効率化はもちろん、従業員の負担を減らすことも可能です。

本記事の内容のまとめです。

それぞれの人事評価システムの機能や費用を確認して、自社の評価制度にあったシステムを選ぶようにしましょう。