人事・労務の課題を解決するメディア労務SEARCH byオフィスステーション

Facebook twitter

メールマガジン無料登録

 

おすすめ記事やお役立ち資料をお届けします。

人事のテレワークは果たして可能か?

この記事をシェアする

Twitter Facebook Pocket LINE はてなブックマーク

重要な経営資源である“ヒト”を取り扱う人事部は、経営者・現場社員と密接にコミュニケーションをおこない、中期経営計画のもと、組織目標を達成します。

優れた対人スキルが必要な人事担当者はテレワークに向いているか、そうした疑問に迫ります。

この記事でわかること

  • 人事担当者がテレワークをすべき理由
  • 人事担当者のテレワークで想定される業務
  • テレワークを推進するために必要な労務手続きの簡素化

人事担当者こそテレワークを

人事担当者こそテレワークを

社員に在宅勤務をはじめ、テレワークを推進するためには、人事担当者が率先してテレワークをおこなうべきです。
人事担当者がテレワークを体感することで、テレワークの課題や問題を浮き彫りにして、対策できます。

テレワークでの課題のひとつに「コミュニケーション不足」や「意思伝達のしにくさ」が挙げられています。人事担当者は人材育成における面談が重要な業務です。
Zoomの面談や働き方のヒアリングなど、人事担当者がテレワークの実態を知る機会は多数あります。

また、労務関連を兼務する人事担当者にとって、定型業務である労務手続きを効率よくこなしながら、テレワーク勤務者と出社勤務者の間に不公平がないように就業規則や人事制度を変更しなければなりません。

テレワーク時に想定される人事担当者の業務

  • テレビ会議での社員との面談
  • 定型・不定期の労務手続き業務
  • テレワーク勤務者・出社勤務者に平等な労働環境の提供
テレワーク勤務者の実態を知るためにも人事担当者は率先して、テレワークに切り替えるべき

人事担当者のテレワークに必要なこと

人事担当者のテレワークに必要なこと

人事担当者の業務を逼迫する要因のひとつに、年末調整や社会保険算出に必要な標準報酬月額の決定作業といった定型業務のほか、入社・退社や出産・介護などの休業申請などの不定期業務が挙げられます。
人事担当者は、本来、事務作業である労務手続きでなく、従業員の生産性を高める労働環境の整備や、テレワーク勤務者と出社勤務が公平に評価できる人事制度・評価制度の見直しに注力すべきです。

また、労務手続きにはマイナンバーという重要な個人情報の取り扱いが欠かせません。しかし、マイナンバーは最重要の個人情報であるため、社外への持ち出しはできません。人事担当者がテレワークを可能にするためには、セキュリティを万全にしたうえ、オンラインで労務手続きをする必要があります。

弊社が提供する「オフィスステーション 労務ライト」では、ず~っと無料・登録アカウント数無制限で、e-Gov電子申請を可能にするクラウド型労務・人事管理システムです。

テレワークにおける人事の課題

テレワークにおける人事の課題

人事担当者にとって、テレワークの推進は大きな課題のひとつです。
中でももっとも重要な課題は、テレワーク勤務者と在宅勤務者が公平かつ公正な評価を下すための人事評価制度の見直しです。

また、テレワーク勤務者の選定も人事担当者として重要な仕事です。テレワーク勤務者は成果物がわかりやすい業務や定量化しやすい業務プロセスを持つ従業員が相応しいといえます。

そのため、テレワークを推進するためには、ジョブ型の雇用体制に加え、客観的かつ定量化に基づいた人事評価が必要です。さらにテレワーク勤務者と出社勤務者を適切に評価できる管理職の教育も欠かせません。管理職の人事評価スキルを向上させる人材育成もテレワークにおける重要な課題といえます。

人事担当者のテレワーク:まとめ

人事担当者のテレワークは積極的に推進すべきです。

事務作業である労務手続きの自動化・簡素化に加え、現場社員のテレワークの実態の把握に、テレワーク勤務者と出社勤務者が公平公正に評価する人事制度・人事評価制度の見直しを推進することは、企業の生産性向上にも大きく寄与します。

「オフィスステーション 労務ライト」はわずか5分で導入でき、電子申請義務化対象の帳票を含む頻出手続きもe-Gov電子申請をずっと無料でおこなえます。

「オフィスステーション 労務ライト」はe-Govの外部連携APIを利用した「オフィスステーション 労務」の機能を絞り込み、無料化したソフトウェアです。

\ ずっと無料!e-Gov連携ツール /

「オフィスステーション 労務ライト」

「オフィスステーション 労務ライト」

e-Govをもっと便利に使うなら。無料で使えるe-Gov電子申請連携ツール「オフィスステーション 労務ライト」。