労務SEARCH > 人事労務管理 > 人事労務管理の業務/手続き > マネーフォワード クラウド年末調整とは?料金・機能・特長を解説
マネーフォワードクラウド年末調整とは?料金・機能・特長を解説

マネーフォワード クラウド年末調整とは?料金・機能・特長を解説

この記事をシェアする

年末調整に必要な書類の配付や記入、回収などの作業をWEB上で完結できる年末調整システム。この記事では、バックオフィスサービスで実績のあるマネーフォワードが提供する「マネーフォワード クラウド年末調整」について紹介します。

マネーフォワード クラウド年末調整の料金や特長、主な機能について解説していくので、導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

監修者労務SEARCH 編集部

労務・人事・総務管理者の課題を解決するメディア「労務SEARCH(サーチ)」の編集部です。労働保険(労災保険/雇用保険)、社会保険、人事労務管理、マイナンバーなど皆様へ価値ある情報を発信続けてまいります。
詳しいプロフィールはこちら

本コンテンツは労務SEARCHが独自に制作しており、公正・正確・有益な情報発信の提供に努めています。 詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。 もし誤った情報が掲載されている場合は報告フォームよりご連絡ください。

マネーフォワード クラウド年末調整とは

Money Forwardクラウド年末調整
初期費用 無料 主な機能 年末調整関連帳票の出力/
年末調整の自動計算など
月額
基本料金
800円~ 進捗状況の
表示
無料
トライアル
法改正自動更新
導入実績 要問い合わせ 主な
連携システム
マネーフォワード クラウド給与
関連サービス マネーフォワード クラウド人事管理/勤怠/社会保険/マイナンバーなど 詳細 公式サイト

マネーフォワード クラウド年末調整とは、株式会社マネーフォワードが提供する年末調整システムです。

特長は、年末調整の書類配付から入力、回収、提出までの流れすべてをクラウド化できること。

従業員や労務担当者が「複雑で面倒だ」と感じる年末調整業務を、WEB上で簡単におこなえます。もちろん行政機関への電子手続きにも対応。

バックオフィスサービスで実績のあるマネーフォワードが提供する年末調整システムであるため、安心して利用できるでしょう。複数の有名企業でも利用されています。

マネーフォワード クラウド年末調整の料金

マネーフォワード クラウド年末調整の料金

基本料金+従量課金で利用料金が決定!

マネーフォワード クラウド年末調整は、基本料金と登録する従業員数に応じて利用料金が決まります。

マネーフォワード クラウド年末調整の利用料金 = 基本料金+従量課金+その他オプション

従量料金は、登録する従業員数が6名以上となる場合に発生します。1人あたりの料金は100円(税抜)です。

登録する従業員数が5名までなら、基本料金のみで利用できます。

個人事業主から法人まで幅広い層の方に向けて料金プランを提供

マネーフォワード クラウド年末調整は、

  • 副業をやっている会社員
  • 個人事業主
  • 法人

まで幅広い層の方が利用できる年末調整システムです。基本的にすべての料金プランを1カ月無料でお試しできます。

個人向けの料金プラン

マネーフォワード クラウド年末調整は、個人向けの料金プランを3種類提供しています。

個人向けの料金プラン
パーソナルミニ ・年額プラン:800円/月(年額:9,600円)
・月額プラン:980円/月
・請求書の郵送:190円/通
パーソナル ・年額プラン:980円/月(年額:11,760円)
・月額プラン:1,280円/月
・請求書の郵送:170円/通
パーソナルプラス ・年額プラン:2,980円/月(年額:35,760円)
・請求書の郵送:170円/通

価格はすべて税抜

『パーソナルミニ』は、副業で確定申告が必要な方におすすめの料金プランです。もっともお手頃で、確定申告書の作成や銀行・クレジット明細の自動取込などをおこなえます。

一方『パーソナル』と『パーソナルプラス』は、自営業・個人事業主の方におすすめです。年末調整や確定申告に必要な機能がすべて備わっています。両者の違いは「確定申告の操作に対してサポートを受けられるか」です。『パーソナルプラス』は、電話でのサポート機能が加わっています。

法人向けの料金プラン

マネーフォワード クラウド年末調整は、法人向けの料金プランを4種類提供しています。

法人向けの料金プラン
スモールビジネス ・年額プラン:2,980円/月(年額:35,760円)
・月額プラン:3,980円/月
・請求書の郵送:180円/通
ビジネス ・年額プラン:4,980円/月(年額:59,760円)
・月額プラン:5,980円/月
・請求書の郵送:170円/通
IPO準備・中堅〜上場企業向け 要問い合わせ
法人向け(51名以上の方) 要問い合わせ

価格はすべて税抜

『スモールビジネス』と『ビジネス』、『IPO準備・中堅~上場企業向け』の料金プランは従業員数50名以下の法人に最適です。WEB上で

  • 年末調整に必要な書類配付・回収
  • 年税額の自動計算
  • 電子申告

をおこなえます。また『スモールビジネス』と『ビジネス』の主な違いは下記のとおりです。

これらの機能は『ビジネス』にアップグレードすることで利用できるようになります。「バックオフィス業務全般の業務効率化を図りたい」という企業には、ワンランク上の料金プランである『ビジネス』がおすすめです。

マネーフォワード クラウド年末調整の特長

マネーフォワード クラウド年末調整の特長

マネーフォワード クラウド年末調整の主な特長は、下記の2つが挙げられます。

年末調整に必要な各種帳票の出力に対応

マネーフォワード クラウド年末調整は、年末調整に必要な各種帳票の出力に対応しています。具体的に出力できる帳票は下記のとおりです。

マネーフォワード以外の給与ソフトとも連携できる

マネーフォワード クラウド年末調整は、関連サービス以外の給与ソフトとも連携可能。自社で日頃から利用しているソフトから、従業員情報や給与情報をインポートできます。年末調整結果をCSVファイルでエクスポートすることも可能です。

自社で利用している給与ソフトがない方は、クラウド給与の利用も併せて検討してみてください。支払い済みの給与を自動で集計してくれるので、作業時間を大幅に短縮するだけでなく、手作業によるミスを防げます。より業務効率化を図りたい企業に最適です。

マネーフォワード クラウド年末調整の機能

マネーフォワード クラウド年末調整の機能

次に、マネーフォワード クラウド年末調整を導入したらどのように年末調整をしていけるのか、具体的なイメージができるようにマネーフォワード クラウド年末調整の機能面についてご紹介します。

できること
従業員による
情報入力
・質問に答えるだけで書類の入力をおこなえる
対象者を
自動で判別
・年末調整の対象者をシステムが自動で判別
年末調整関連帳票
の出力
・源泉徴収票・源泉徴収簿を自動で作成可能
給与等総額の
自動集計
・給与ソフトとの連携で支払い済みの給与を自動で集計
年末調整の
自動計算
・年末調整の端数処理を自動で計算
・法令改正時は料率など無料でアップデート

先述したとおり、これらの機能を「基本料金+従量料金」で利用できます。

まとめ

マネーフォワード クラウド年末調整は、書類の配付から回収、電子手続きなど、年末調整に必要とされるすべての作業をクラウド化できます。給与ソフトとの連携で時間効率が良くなるだけなく、手計算によるミスを減らせるところもポイントです。

気になった方はぜひ、興味のある料金プランを選んで1カ月間無料でお得にお試ししてみてください。

労務SEARCH > 人事労務管理 > 人事労務管理の業務/手続き > マネーフォワード クラウド年末調整とは?料金・機能・特長を解説