労務の課題を解決するメディア労務SEARCH(サーチ)

従業員等から企業へ提出されたマイナンバーが必要なシーン

2016年1月から施行されたマイナンバー制度。従業員や下請先、顧問弁護士などからマイナンバーを提出してもらったものの、どのようなときにマイナンバーが必要になるのか、理解できていない企業も多いといわれています。

マイナンバーが必要になるのはどのようなときでしょうか。
今回は、提出してもらったマイナンバーが必要となるシーンについて解説します。

社会保険の届出のとき

2017年1月より、健康保険組合における社会保険に関する手続きにおいて、提出書類へのマイナンバーの記入が必要となりました。そのため、2017年1月以降適用の届出用紙には、マイナンバー記入欄が設けられています。
新規で書類を提出する際には、旧版の届出用紙を使用しないように注意しましょう。

また、2016年11月の閣議決定を受けて、年金機構へ提出する書類へのマイナンバーの記入は任意となりました。漏洩の機会を減らすためには記載しないようにする方が良いでしょう。

健康保険協会への給付に関する届出用紙にも従業員のマイナンバーの記入項目がありますが、記号番号を記入すれば本人確認ができるため、その場合は記載の必要はないとの案内がされています。
ただし、退職後も任意継続により健康保険を継続する際には、マイナンバーの記載が義務になるとされています。

雇用保険の届出のとき

雇用保険については、マイナンバー制度の施行直後である、2016年1月からマイナンバーの記載が義務付けられています。「個人番号」という名称で、マイナンバーを記入する項目が追加されています。

従業員の採用や退職の際の雇用保険被保険者資格取得届・資格喪失届は、いわゆる保険給付等の関係でマイナンバーが必要となり、さらに高年齢雇用継続給付受給資格確認票および高年齢雇用継続給付支給申請書、育児休業給付受給資格確認票および育児休業給付金支給申請書、そして介護休業給付金支給申請書の提出時には、マイナンバーの記入をしなければいけないと取り決められています。

ただし、高年齢雇用継続給付支給申請書や育児休業給付金支給申請書などは、初回だけマイナンバーが記入必須事項となっており、2回目以降の提出時には、マイナンバー記入の必要がないとされています。
また、離職証明書などの書類については、マイナンバーの記載は必要ないとされています。

健康保険給付の届出のとき

最初にご紹介した通り、社会保険被保険者資格の取得や喪失についての書類において、マイナンバーを記入しなければならない事例があります。

また、健康保険関係の給付申請の際にもマイナンバーの提出が求められる場合があります。
例えば、傷病手当金の支給申請書、出産育児一時金の支給申請書、出産手当金の支給申請書などの届出の際に、記号番号の記入をしなければマイナンバーの記入が必要となりますので注意が必要です。

ただし、これらの申請書というのは従業員個人が提出するものであり、本来は会社から提出するものではありません。事業主証明が必要な書類の場合、会社がそのまま提出するケースもあるかも知れませんが、従業員本人にマイナンバーの記入が必要であるということを伝えておけば、無駄な書類の差し戻しなども減るでしょう。

年金たる労災保険給付の届出のとき

労働保険の中にある障害補償給付支給請求書や遺族補償年金支給請求書などの年金たる労災保険給付の届出に関しても、マイナンバーの記入が必要となります。

当該年金の申請については、一般的に本人が届出を行うものとされているので、企業は関係ないとされています。しかし、本人自ら手続を行うことが困難な場合については、企業が本人から委任を受け、その代理人として個人番号を取り扱うことは可能です。

法定調書の届出のとき

給与所得の源泉徴収票や報酬等の支払調書に関しても、マイナンバーの記入は必要なのでしょうか。結論から申しますと、所轄税務署に提出するこれらの法定調書についてもまた、マイナンバーの記入が必要とされています。

ただし、従業員に渡す給与所得の源泉徴収票には記載しないものとされています。個人が提出する法定調書は、基本的には税務署に支払う法定調書の控えとしてコンピューターなどから印刷されるため、本人向けの書類にマイナンバーが記載されるかどうかは、企業が運用している人事給与ソフトによって変わってくるでしょう。

ソフトによっては、印刷の有無を決定することもできますので、保有しているソフトのマニュアルを確認するようにしてください。

まとめ

今回ご紹介したように、さまざまな届出にマイナンバーの記入が必要となります。そして、これらの関係書類にマイナンバーを記載するのは法令で定められた義務とされています。

従業員や外注先などからマイナンバーの提供を拒否されても、国が法令で定めた義務であることをしっかりと説明した上で、提供してもらうように努めましょう。

また、マイナンバー記載が必要な書類を確認するポイントとしては、最終的に「行政機関に提出する関係書類かどうか」ということになります。この概念を念頭に置き、必要な場面を見落とさないようにしましょう。

社会保険労務士事務所そやま保育経営パートナー

いいね!していただくと毎日更新している最新の情報をお届けします