労務SEARCH(サーチ)

労務の課題を解決するメディア
powerde by オフィスステーション

Facebook twitter

メールマガジン無料登録

 

おすすめ記事やお役立ち資料をお届けします。

メンタルダウンを防ぐにはどのような方法があるのでしょうか?

近年、メンタルダウンという言葉を耳にする機会が増えました。うつ病患者が増えているうえに最近よく耳にするブラック企業の影響もあって、日本人のメンタル状況はますます悪化していると言ってもおかしくないでしょう。

しかし、会社は従業員にダウンされると生産能力も下がり、大きな損失にもなり兼ねません。従業員のメンタルダウンの兆候になるべく早く気づき、対処する方法について確認していきましょう。

心の病気とストレスについて理解を深めましょう

うつ病などの心の病気について、認知度はここ数年で大きく上がってきたものの、まだまだきちんと理解している方は少ないと思います。心の病気・メンタルダウンというのは、誰にでもかかりうるものです。従業員はもちろんのこと、極端にいえば事業主自身にも起こりうることだと言えます。

また、心が弱いからメンタルダウンしてしまうというわけでもなく、いくつもの精神的な負担が積み重なって起きてしまうのです。精神的な負担というのは、ストレスと言い換えてもいいでしょう。激務やそれに伴う疲労・睡眠不足、さらには人間関係など、労働するうえでその原因になりうるものはたくさん考えられます。

こういったストレスの感じ方や、どういったことが心の負担になってしまうかということはそれぞれ違ってきます。つまり、あなた自身が全く平気なことでも、人によっては大きな負担になってしまうこともあるのです。

1つのことが原因になるというよりも、さまざまなことが重なり合って起きてしまうことが多いため、「これくらいなら大丈夫だろう」といった安易な考えを絶対にしてはなりません。

兆候はあるが本人は気が付きにくい

心の病気にも、体の病気と同じように「兆候」が見られます。自覚できるものとしては、次のようなことが挙げられます。

  • 何もしていないのに気分が落ち込んでしまう
  • 何をするにも気力が出てこない
  • いつもなら何でもないことに対してもイライラしてしまう
  • 気持ちが落ち着かない
  • 胸がドキドキして息苦しい
  • 周りに誰もいないのに人の声が聞こえてくる
  • 食欲不振または食事がおいしく感じない
  • 熟睡できず夜中に何度も目が覚めてしまう等

しかし、これらの兆候が業務上のストレスで引き起こされているとは限りません。風邪やほかの体調不良から引き起こされているとも考えられ、ストレスと症状との因果関係が非常に分かりにくいのです。

また、それがメンタルダウンの兆候であることを認めるのも実は勇気がいることです。従業員のなかには、心のどこかで「自分はうつ病になんてならないだろう」と考える方も多く、症状がかなり進行するまで気が付かないということもめずらしくありません。

本人がメンタルダウンしていると認めたくない、病院には行かない、行く必要もない、という気持ちを抱いてしまうこともあるのが心の病気の厄介な点だということを、事業主は認識しておく必要があるでしょう。

こんな異変に気づいたら注意しましょう

前述のとおり、心の病気は自分では気が付きにくいものです。そのため、周囲の人がしっかりとサポートしてあげなければなりません。事業主としても、以下のような異変が起きている従業員がいないかチェックすることを心掛けましょう。

  • いつもは身なりをきちんとしている人がだんだん乱れた服装になってきた
  • 遅刻をしない人が遅刻するようになった
  • 業務上ミスが多くなる
  • ぼんやりしていることが多い
  • 急に太ったり痩せたりする
  • ちょっとしたことですぐに感情的になる
  • 独り言が増える
  • 他人の視線をやたらと気にする
  • 1人になりたがる等

このように心の病気が原因で、日頃の行動や見た目が以前とは明らかに違うことが多く見られることがあります。

また、環境が変わったばかりの時期は特に気をつけましょう。就職、転職、異動など、環境や立場が全く変わってしまうと、それに慣れるまではいつも以上のストレスがかかってしまいます。新しく事業所に来た従業員がいる場合は、より注意しなければなりません。

メンタルダウンを予防するためには

メンタルダウンは治療すれば回復していくものです。そのため、早めに対処することが非常に重要となります。事業主としては、できることをしっかりと行ってください。事業所に相談窓口を設置することも大切ですが、公的な機関でも相談できるということも事業所内で周知しておくべきでしょう。

地域の保健所や健康センターや精神保健福祉センターなど、身近なところに相談できる場所は多く、電話などで気軽に相談が可能なところもあります。そして何より、従業員にメンタルダウンの兆候が表れてから動くのではなく、普段から予防のための対策を取っておくことが大切です。

なかには心が不安定になってから直接アドバイスされても、より気分が滅入ってしまうという方もいるかもしれません。こういった面を考慮し、普段から社内メールで注意喚起を行うこと、パンフレットや掲示物などを活用しメンタルダウンについての案内を行っても良いでしょう。

また、すでに事業所で治療のため休業している従業員がいる場合、復帰までのサポートも欠かせません。休業中の生活費はどうなるのか、きちんと復帰できるのかなど、そういった不安を抱える方は非常に多いと思われます。

事業主としては、国が実施している医療費の助成制度や税金の免除などの経済的な支援について把握し、該当する従業員へ勧めることができるようにしておくと良いでしょう。

国が実施する支援や制度については、厚生労働省のホームページ「みんなのメンタルヘルス」(http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/promotion_4.html)で紹介されています。

あわせて、事業所内で実施できるメンタルヘルスケアについてはこちら(https://romsearch.officestation.jp/jinjiroumu/mentalhealth/1951)をご参考ください。

まとめ

従業員のメンタルダウンを予防することは、会社の生産性を落とさないためにも重要です。ですが、それ以上に自社の従業員を守るという意味でも、事業主として適切に対応しなければならないことでもあります。

メンタルダウンを防ぐためには、まず事業主自身がメンタルダウンについてよく理解すること、従業員1人1人としっかり向き合っていくことが大切です。

山本 務|やまもと社会保険労務士事務所

1冊で労務手続きのすべてが分かるかんたんガイド

労務SEARCHを運営するオフィスステーションより、労務手続きのためのe-bookをお届けします。複数ある労務手続きをわかりやすく1冊にまとめたe-bookです。

今なら30日間お試し無料!電子化で労務が一変
各種簡単ガイド一覧はこちら

いいね!していただくと毎日更新している最新の情報をお届けします