人事・労務の課題を解決するメディア労務SEARCH byオフィスステーション

Facebook twitter
無料メールマガジン登録受付中!

【社労士監修】GビズIDって何?基本知識や取得方法、今後の電子申請との関係や基本知識を徹底解説!

2020年4月よりはじまる特定の法人を対象にした電子申請義務化の開始と同時に、GビズIDの利用範囲が社会保険手続きの電子申請まで拡大されます。
今回はGビズIDの基礎知識や使い方、取得方法から今後の動向まで、GビズIDの運用開始に伴い、労務担当者が知っておくべき情報をお伝えします。

GビズIDとは

GビズIDとは、企業から国への申請に関わる複数の行政サービスを、ひとつのアカウントでの利用を可能とする認証システムです。GビズIDのアカウントを取得することで、従来のjGrants(補助金申請システム)や保安ネットに加えて、社会保険手続きの電子申請(令和2年4月1日公開予定)といった複数の行政サービスを利用できます。

「GビズID」を活用した社会保険手続の電子申請について|厚生労働省

【引用】「GビズID」を活用した社会保険手続の電子申請について|厚生労働省

GビズIDの基本知識

GビズIDは、経済産業相が運営しており、GビズIDを取得している利用者は行政サービスにインターネットを介して、簡単にログインできるようになります。

また、2020年4月より特定の法人を対象に社会保険の一部手続きについて、電子申請が義務化されます。

今までは企業の確認手段として電子証明書の取得(有料)が必要でしたが、GビズIDを取得すること(無料)で、電子証明書がなくても電子申請が可能となります。今後、電子申請対象の行政サービスが広がる見込みであり、早い段階でGビズIDを取得することは企業にとって多くのメリットが生まれます。

「GビズID」を活用した社会保険手続の電子申請について│厚生労働省

【引用】「GビズID」を活用した社会保険手続の電子申請について│厚生労働省

電子申請義務化e-book

GビズIDで利用できる行政サービスとは

GビズIDでは複数の行政サービスの利用が可能です。社会保険関連の電子申請義務化(2020年4月開始)に関連した機能や、補助金申請に関連したシステムが展開されます。GビズIDは現時点で取得可能ですが、利用開始は2020年4月以降になる点は注意が必要です。

社会保険関連の電子申請

2020年4月(令和2年4月)より、電子申請での社会保険の手続きが可能です。社会保険(健康保険・厚生年金保険)関連の手続きのうち、電子申請義務化対象の手続きは下記の3種類です。

  • 健康保険・厚生年金保険被保険者 報酬月額算定基礎届
  • 健康保険・厚生年金保険被保険者 報酬月額変更届
  • 健康保険・厚生年金保険被保険者 賞与支払届

いずれも労務関連の年次スケジュールで必要な申請作業のため、企業側のコストを大幅に下げることができます。

これらの社会保険関連の電子申請は、GビズIDを取得し、申請データ(CSV)を作成、届書作成プログラムから申請できます

【参考】社会保険事務を担当されている皆様へ 社会保険の申請・手続きは、電子申請が便利です│日本年金機構

jGrants

「GビズID」を活用した社会保険手続の電子申請について

【引用】JGrantsホームページ

jGrantsとは、経済産業省が運営する公募から事後手続きまでの全プロセスをデジタル化した補助金申請システムです。インターネットを経由することで、窓口への移動時間の削減を可能とし、場所に縛られることなく、補助金の申請・届出ができます。
jGrantsから補助金を申請するためには、GビズIDを取得し、トップページの「補助金一覧」から申請可能な補助金を選択します。対象の補助金は公募などの期間開始時に「補助金一覧」に掲載され、順次拡充予定です。

【参考】JGrants

保安ネット

保安ネットとは、電子申請で産業保安法令に基づく手続きが可能なシステムです。保安ネットの利用にはGビズIDのアカウントが必要で、利用開始時期は地域によって異なります。四国・沖縄から開始し、ほかの地域は順次展開予定です。

【参考】保安ネットポータル│経済産業省

農林水産省共通申請サービス(eMAFF)

農林水産省共通申請サービスとは

【引用】農林水産省共通申請サービス

農林水産省共通申請サービス(eMAFF)とは、農林水産省所管の法令に基づく申請手続きをオンラインでおこなうものです。紙の管理が不要になり、オンライン上で審査状況が簡単に確認できます。自宅のパソコンから申請が可能で、紙による管理が不要となり、審査状況もリアルタイムで確認できます。また、二段階認証によるセキュリティ対策も万全です。

2020年4月より「認定農業者制度(うち国認定・都道府県限定のみ)」と「経営所得安定対策等制度」も対象となります。

【参考】農林水産省共通申請サービスのパンフレット│農林水産省共通申請サービス

GビズIDの取得方法

GビズIDはアカウントに複数の種類があり、各行政システムで利用するアカウントの種別が異なります。審査有りの場合、原則として約2週間を要するため、余裕を持った対応がおすすめです。
GビズID クイックマニュアルGビズID クイックマニュアル

【引用】GビズID クイックマニュアル│経済産業省

アカウントの種類により作成方法が異なり、マニュアルが展開されています。

アカウントの種類 説明
gBizエントリー 即日発行が可能で、GビジネスIDマイページや行政システムへのログインが可能となります。
gBizIDプライム 印鑑証明書を利用し、厳格な確認がおこなわれます。顧問先の代表者が書類と共に申請をします。
gBizIDメンバー 組織の従業員用のアカウントです。gBizIDプライムの利用者が作成します。

【参考】GビズID マニュアル│経済産業省

今後のGビズIDの動向

2020年4月にサービス提供が開始されて以降、GビズID利用の対象手続きは順次拡大し、電子申請はさらに広がる見込みです。申請手続きのシステム化により、効率性、セキュリティ水準、技術革新対応力、柔軟性、可用性の向上が期待できます。

社会保険関連の電子申請義務化

GビズIDの展開により、これまで社会保険関連の電子申請手続きを行うためには有料の電子証明書が必要でしたが、無料のGビズIDを利用してこれらの手続きを行うことができるようになります。2020年4月からの特定の法人での電子申請義務化により、各企業での労務関連業務のシステム化は急務となっています。クラウド型システムの導入により、電子申請義務化の対応、労務担当者と従業員双方の業務効率化が同時に実現できます。

マイナーポータルとの連携

今後、GビズIDとマイナポータルの連携が予定されています。ひとつのIDとパスワードでの申請手続きができ、ワンスオンリーの実現に向けた、官民双方における手続き時間とコスト削減が期待されています。

クラウドサービスの利用促進が加速

政府主導の行政システム改革の原則は、クラウドサービスの利用を第一候補とする「クラウド・バイ・デフォルト」を具体化することです。利用者視点でのシステム化を実現するべく、行政システムの刷新が順次おこなわれる予定です。

年末調整・労働保険・社会保険など人事業務を時短できるアラカルト型人事労務ソフト「オフィスステーション

まとめ

  • GビズIDとは、企業から国への申請に関わる複数の行政サービスを、ひとつのアカウントでの利用を可能とした認証システムである
  • GビズIDで複数の行政サービスの利用が可能となり、社会保険関連の電子申請義務化(2020年4月開始)に伴い、現在の補助金申請や農林水産省共通申請サービスに加え、健康保険・厚生年金保険被保険者の報酬月額算定基礎届や報酬月額変更届の届け出も可能となる
  • GビズIDはアカウントに複数の種類(gBizエントリー、gBizIDプライム、gBizIDメンバー)があり、各行政システムで利用するアカウントの種別が異なる
  • 2020年4月にサービス提供が開始されて以降、社会保険関連の電子申請義務化をはじめ、GビズID利用の対象手続きは順次拡大する見込みである

なんば社会保険労務士事務所 所長 社会保険労務士 | 難波 聡明
社会保険労務士の中でも10%に満たないと言われる助成金を専門に手掛けるの社会保険労務士。
難波 聡明の監修者情報へ / 監修者一覧へ

2020年4月 電子申請が義務化されます!

労務SEARCHを運営するオフィスステーションより、無料e-book「2020年4月電子申請義務化~企業が行うべき対応~」お届けします。2020年4月からの社会保険・労働保険に関する手続きの電子申請義務化の内容と、企業にとっての電子申請義務化の対策や各種業務を電子化するメリットをご紹介します。

e-Govをもっと便利に使うなら。無料で使えるe-Gov電子申請連携ツール「オフィスステーション 労務ライト」。