労務SEARCH(サーチ)

労務の課題を解決するオフィスステーションのメディア
powerde by オフィスステーション

Facebook twitter

メールマガジン無料登録

 

おすすめ記事やお役立ち資料をお届けします。

【労働時間制度・給与体系別】残業時間の正しい計算方法を解説します

投稿日:

更新日:

人事労務管理人事労務管理の業務/手続き

働き方改革関連法が今年の4月1日から施行され、労働基準法をはじめとするさまざまな法律が、順次改正され始めました。労働基準法では残業や有給など、さまざまな事項が改正されますが、中でも注目されているのが残業時間の規制です。
これまでは特別条項付き36協定を締結してさえいれば、いくらでも社員を残業させられると考えていた会社も多いかもしれませんが、これからは残業時間に上限が課せられますので注意が必要です。

もし上限を無視して社員を働かす、または残業代を支払わなかった場合、会社は罰則を科される恐れもあります。人事労務担当者は会社が労働基準法違反とならないよう、残業時間や計算方法について、正しい認識を持つことが必要です。

残業(法定時間外労働)・残業代とは?

労働基準法で定められている労働時間は、原則として1日8時間・1週40時間です(常時10人未満を雇用する一部業種を除く)。この労働時間を法定労働時間といいます。法定時間外労働(残業)とは、この法定労働時間を超えた労働のことを意味します。

原則として、法定労働時間を超えて社員に労働をさせることはできませんが、労働基準法第36条に基づいた、いわゆる36協定と呼ばれる労使協定書を締結し、労働基準監督署に届け出た場合は、残業(時間外労働)を課すことができます。
残業(時間外労働)は上限が定められており、原則として1カ月45時間、1年360時間を超えてはなりません。

とはいえ、繁忙期や想定外の事態が起きたとき、どうしても上限を超えて残業を行わなくてはならないこともあります。そうした場合、これまでは特別条項付の36協定届を届け出ることで、上限を超えて残業をさせることが可能でした。

法改正による残業時間の上限規制

現在は特別条項付の36協定届を届け出たとしても、1カ月100時間未満(ただし2~6カ月の平均は80時間未満内)、1年間720時間以内に残業時間を抑えなくてはならないため、注意が必要です。

これまでは特別条項による残業時間の上限は定められていなかったため、届け出さえすればいくらでも社員に残業をさせられると考えていた会社も多いかもしれません。

働き方改革関連法の施行により、青天井だった残業時間もこのように上限が定められるため、以前のように上限なく社員を残業させることはできません。

残業代(割増賃金)の種類

社員に残業させた場合、超過させた労働時間に値する賃金を支払わなくてはなりません。

  • 時間外割増賃金・・・通常の賃金×1.25
  • 法定休日割増賃金・・・通常の賃金×1.35
  • 深夜割増賃金・・・通常の賃金×1.5

通常の残業代

法定労働時間を超過した場合、法定時間外労働が発生します。法定時間外労働は、割増賃金を支払わなくてはならないことが法律で定められています。
割増賃金は通常の賃金の1.25倍と決まっています。かつ深夜帯(22〜5時)に当たる場合は1.5倍で計算する必要があります。

そのほか、法定休日に休日労働をさせた場合には通常の賃金の1.35倍、かつ深夜帯(22〜5時)に当たる場合は1.6倍で計算する必要もあります。

固定残業代(みなし残業代)

一般的に残業代は法定労働時間を超えた分の割増賃金を支払うことになりますが、あらかじめ一定の残業時間を固定しておき、その賃金を支払う制度のことを固定残業(みなし残業)制度といいます。

残業代が毎月定額になっており、固定の残業時間を上回った場合は超過分の残業代を支払わなくてはなりません。もちろん、あらかじめ定めた残業時間を満たさなかったとしても、定額の残業代を支払う必要があります。

残業時間を把握することが難しい営業職などで取り入れられていることの多い制度ですが、実際には固定残業時間の超過分については支払っていない企業も多く、問題視されています。

労働時間制度別の残業代計算方法

残業代の計算は、働き方によってその計算方法も異なってきます。正しい計算方法を把握しておけば、残業代の支払いトラブルを未然に防ぐことができます。

一般的な労働時間の場合

労働時間の仕組み

一般的な会社員の場合、土日祝日が休みで1日8時間勤務が多いことでしょう。労働基準法で定められている法定労働時間は原則1日8時間・1週間40時間となっていますが、会社の就業規則や労働契約書で決めることができるのが所定労働時間です。

所定労働時間は法定労働時間内であれば自由に設定することが可能ですが、超過して社員を働かせた場合に、残業代を支払わなければ違法となります。

残業代

通常の残業代の場合、計算式は下記のとおりです。

  • 残業代=法定時間外労働時間×1時間あたりの基礎賃金×割増率

基礎賃金は、時給であればその時給金額が、日給であれば日給を1日の所定労働時間で割った金額が、月給であれば月給を1カ月の所定労働時間で割った金額が該当します。

変形労働時間制の場合

変形労働時間制の仕組み

変形労働時間制は月単位、または年単位で、繁忙期や閑散期に合わせて1日の労働時間を増減する制度です。閑散期は短時間労働で、繁忙期は1日8時間を超える労働といったように、仕事の状況によって労働時間をコントロールすることができます。
関連記事:▶残業対策にもなる変形労働時間制について、手続き方法と除外される者とは

変形労働時間制の残業代

変形労働時間制の残業計算方法も、通常の残業代の計算と同様ですが、あらかじめ定められた1日当たりの労働時間を超えて残業が発生すれば、残業代が必要になります。
ただし、1日当たり8時間未満の労働時間が設定されていた日に残業が発生したとしても8時間を超えるまでは、通常の1時間当たりの賃金を支払えばよく、割増賃金は不要です。

一方、1日8時間を超える労働時間が設定されていた日は、その時間を超えて残業をした際に、初めて割増賃金が必要になります。

フレックスタイム制の場合

フレックスタイム制の仕組み

社員が自分で出社時間と退社時間を自由に決められるフレックスタイム制は、必ず出勤していなくてはならないコアタイムと、その前後に出退勤できるフレキシブルタイムで構成されていることが多いです。また、今回の働き方改革の一環で、これまで最長1カ月までだった精算期間が、最長3カ月間まで認められるようになりました。

フレックスタイム制は清算期間と総労働時間を設定する必要があり、総労働時間は法定労働時間の総枠(40時間×清算期間の日数÷7)を超えると残業代が発生します。
関連記事:▶柔軟な働き方を導入できる「フレックスタイム制」とは?

フレックスタイム制の残業代

フレックスタイム制の残業は、総労働時間を超過した時間が残業時間として計算されます。
ただし、各月で週平均50時間(時間外労働が月45時間弱となる時間に相当)を超えた場合は、その各月で割増賃金を支払う必要が生じます。

裁量労働制の場合

裁量労働制の仕組み

裁量労働制は実際に働いた労働時間ではなく、事前に取り決めしていた一定の労働時間を実労働時間としてみなす勤務制度で、出勤・退勤時間の制限がないことが特徴です。みなし時間を8時間と設定した場合、実労働時間が6時間であっても10時間であっても、8時間労働とみなされます。

この制度を適用できる職種は「専門業務型裁量労働制」と「企画業務型裁量労働制」の2種類です。詳しくは関連記事をご覧ください。
関連記事:▶労働時間の管理がいらない?裁量労働制とは

裁量労働制の残業代

裁量労働時間制では、みなし時間が法定労働時間の8時間以内であれば残業代は発生しません。8時間を超える場合は通常の場合と同じ計算式で残業代を計算します。
たとえばみなし時間9時間の場合は1時間の残業代が発生するということです。また、深夜勤務の場合も通常と同様に割増賃金が発生します。

裁量労働制は長時間労働がたびたび問題視されています。みなし時間8時間以内であったとしても、実労働時間があまりにも上回っている場合は制度を見直す必要があると言えるでしょう。

給与体系別の残業代計算方法

給与体系が変わったとしても、残業代の計算方式に違いはありません。ただし、1時間あたりの基礎賃金の計算方法はそれぞれ異なりますので、以下にご紹介します。

なお、1時間当たりの基礎賃金の中には、基本給のほか、各種手当も含みます。ただし、労働と直接的な関係が低く、個別事情に応じて支払われる次の手当は、基礎賃金に含まないと定まっています。

  1. 家族手当
  2. 通勤手当
  3. 別居手当
  4. 子女教育手当
  5. 住宅手当
  6. 臨時に支払われた賃金
  7. 1カ月を超える期間ごとに支払われる賃金

年俸制の場合

年俸制も通常の残業代の計算方式と違いはありません。

  • 残業代=法定時間外労働時間×1時間あたりの基礎賃金×割増率

となります。
年俸制の1時間あたりの基礎賃金の計算法は、以下のとおりです。

  • 1時間あたりの基礎賃金=年俸額÷12月÷1カ月の平均所定労働時間

関連記事:▶年棒制は残業代が出ない?年棒制のウソ・ホント

月給制の場合

月給も通常の残業代の計算式と同様です。
1時間あたりの基礎賃金の計算法は、以下のとおりです。

  • 1時間あたりの基礎賃金=月給額÷1カ月の所定労働時間

日給制の場合

日給も同様で、1時間あたりの基礎賃金の計算法は、以下のとおりです。

  • 1時間あたりの基礎賃金=日給額÷1日の所定労働時間

時給制の場合

時給制の場合は、1時間あたりの賃金がそのまま基礎賃金となります。
ただし、日給制や時給制の社員に、何らかの手当を月額で支払っている場合には、その手当を基礎賃金に含んで時給を算出しなければいけない場合がありますので、注意が必要です。

歩合給制の場合

歩合給制でも法定労働時間を超えれば、もちろん残業代は発生します。ただし、歩合給の場合は、通常の残業計算方法と若干異なります。
固定給と歩合給が支払われている場合、まずは固定給と歩合給の1時間あたりの基礎賃金を計算します。

  • 固定給の1時間あたりの基礎賃金=月給額÷1カ月の所定労働時間
  • 歩合給の1時間あたりの基礎賃金=歩合給額÷残業を含めた総労働時間

それぞれの基礎賃金に割増率をかけますが、歩合給は0.25倍をかけます。

  • 1時間当たりの固定給の残業額=1時間あたりの基礎賃金×1.25倍
  • 1時間当たりの歩合給の残業額=1時間あたりの基礎賃金×0.25倍

つまり、固定給と歩合給それぞれの残業単価額に、残業時間をかけて足し合わせた額が残業代です。

まとめ

残業代の計算方法などについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

フレックスタイム制や裁量制、歩合制などを取り入れている会社だと、残業時間についてうやむやになってしまうことも少なくありません。残業の実態を適正に把握しておくことが大切です。

ソビア社会保険労務士事務所 代表社労士/ホワイト財団 代表理事|五味田 匡功

1冊で労務手続きのすべてが分かるかんたんガイド

1冊で労務手続きのすべてが分かるかんたんガイド

労務SEARCHを運営するオフィスステーションより、労務手続きのためのe-bookをお届けします。複数ある労務手続きをわかりやすく1冊にまとめたe-bookです。

今なら30日間お試し無料!電子化で労務が一変
各種簡単ガイド一覧はこちら